[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦が「とてつもない数の日本人を連れてきた!」 3600人のユヅ党に現地紙仰天

羽生結弦が「とてつもない数の日本人を連れてきた!」 3600人のユヅ党に現地紙仰天

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は羽生結弦(ANA)が合計297.12点の今季世界最高点で優勝した。史上初めて4回転トウループ―3回転アクセルのコンビネーションを決めたことが世界中から称賛を集めているが、この歴史的な演技を生で見るために3600人の日本人ファンが現地まで足を運んでいたという。フィンランド紙が伝えている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

フィーバーはヘルシンキでも、日本からのファン3600人に現地紙仰天

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は羽生結弦(ANA)が合計297.12点の今季世界最高点で優勝した。史上初めて4回転トウループ―3回転アクセルのコンビネーションを決めたことが世界中から称賛を集めているが、この歴史的な演技を生で見るために3600人の日本人ファンが現地まで足を運んでいたという。フィンランド紙が伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 演技後半には4回転トウループから、間髪入れずに3回転アクセルを跳び、ぎりぎりで堪えて見事に着氷させた。史上初の連続技を成功させた羽生だが、この姿を目撃していた日本人が多数いたという。

 フィンランド紙「イルタレッティ」は「メガスターが3600人というとてつもない数の日本人をヘルシンキに連れてきた!」と題して、ヘルシンキでのフィーバーの様子を伝えている。

「ハニュウは母国で尊敬を集めているメガスターだ。そんな偉大な日本人のショーがヘルシンキで見られ、試合の前から会場には100メートルもの行列ができていた。日本人客は彼のことを練習から見守ってきた」

 記事では試合前から日本人ファンが長蛇の列を作っていたことを伝え、そして「ハニュウは観客の期待を裏切ることはなかった。フリープログラムで今季の日本人最高の297.12点を叩き出し、チェコのミハル・ブレジナとは40ポイントもの差をつけた」と続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー