[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、時速97キロの“遅すぎ”珍打に放送席大爆笑 無人の三塁線を転々「60マイルで二塁打です」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地ニューヨークで行われたヤンキース戦に「2番・DH」で」先発し、8回の第4打席で左翼線への二塁打を放った。打球速度60.3マイル(約97キロ)というどん詰まりの打球が、無人の三塁線を抜けていった。大谷にしては打球が遅すぎる“珍打”に、放送席は思わず大爆笑だ。

ヤンキース戦に出場しているドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ヤンキース戦に出場しているドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

内角ボール球をどん詰まり、無人の三塁線を転々

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地ニューヨークで行われたヤンキース戦に「2番・DH」で」先発し、8回の第4打席で左翼線への二塁打を放った。打球速度60.3マイル(約97キロ)というどん詰まりの打球が、無人の三塁線を抜けていった。大谷にしては打球が遅すぎる“珍打”に、放送席は思わず大爆笑だ。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 3-5と2点を追って迎えた8回の打席、右腕ウィーバーに対した大谷はカウント1-2からの5球目、内角ボールゾーンへの速球を逆方向へ打ち返した。ヤンキース内野陣は引っ張りに備えて右寄りに守っており、どん詰まりの打球が無人の三塁線を転々。一塁ベースを蹴った大谷は二塁に達した。大谷にしては遅すぎる打球に、全米中継の放送席では大爆笑が起こった。

 米スポーツ専門局「ESPN」で実況を務めるカール・ラベッチ氏が「これはヒットになりそうです! そして楽々二塁を陥れました。打球速度は60マイルで二塁打です」と冷静に状況を伝えると、解説陣が大爆笑。

 元ヤンキースのデビッド・コーン氏が「いい投球だったとしても、ヒットを打たれることもある」と投手心理を読み解くと、阪神でもプレーしたエドゥアルド・ペレス氏は「打球速度がどれくらいだったかわかる? 60.3マイルだ。ルイス・アラエスのオマージュみたいだな!」と、あまりに遅すぎて驚いた様子だった。

 大谷は続くフリーマンの三ゴロの間に三進し、スミスの犠飛で4点目のホームを踏んだ。5月16日(日本時間17日)の試合で牽制球を脚に受けてから調子が上がらず、この日も第1打席から中飛、右飛、左飛に倒れており、この試合初安打だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集