[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23歳安田祐香の華麗ホールインワンにX度肝 思わずバンザイし「クールな彼女の珍しい喜び方」

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディス最終日が9日、兵庫・六甲国際GC(6526ヤード、パー72)で行われ、25位で出た安田祐香(NEC)が4年ぶりのホールインワンを達成した。バンザイしながら笑顔。「いやー、良いものを見せてもらった」とファンの度肝を抜いている。

宮里藍サントリーレディス最終日にホールインワンを達成した安田祐香【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディス最終日にホールインワンを達成した安田祐香【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディス最終日が9日、兵庫・六甲国際GC(6526ヤード、パー72)で行われ、25位で出た安田祐香(NEC)が4年ぶりのホールインワンを達成した。バンザイしながら笑顔。「いやー、良いものを見せてもらった」とファンの度肝を抜いている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 華麗な1打に思わず両手を挙げて喜んだ。196ヤードの3番パー3。安田が4番ユーティリティーで放ったボールはピン手前に着弾した。カップに向かって一直線。そのままストンと消えた瞬間、ギャラリーから大歓声が上がった。同伴競技者とハイタッチ。歩きながらバンザイし、笑顔を咲かせた。

 動画を公開した日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式Xは、「自身4年振りとなる快挙達成」と記して投稿。「完璧なショット(使用クラブ4U)でグリーンを捉えてそのままカップへ一直線」と紹介した。ファンからは「喜んでる姿がイイね」「クールな彼女にしては珍しい喜び方」「いやー、良いものを見せてもらった」と反響が集まった。

 実力者の多い2000年度生まれの「プラチナ世代」と呼ばれる学年。兵庫・滝川二高2年で2017年6月日本女子アマ選手権を制すなど、アマチュア時代から注目を浴びてきた。昨季は2位に2度入るなどメルセデス・ランク35位で初めてシード権を獲得。持ち前の好ショットでエースを達成した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集