[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山本由伸7回0封、獲得逃したヤ軍の地元NYメディアも脱帽「FAで入団断った球界最高打線の球団に…」

米大リーグのドジャース・山本由伸投手が7日(日本時間8日)、敵地ヤンキース戦でメジャー自己最多106球を投げ、7回を2安打7奪三振無失点と快投。打線の援護なく白星は付かず、チームは延長11回にようやく均衡を破り、2-1で勝利した。敗れたヤンキースの地元メディアはかつて獲得を目指していた山本に脱帽した。

ヤンキース戦で快投を見せたドジャースの山本由伸【写真:ロイター】
ヤンキース戦で快投を見せたドジャースの山本由伸【写真:ロイター】

敵地ヤンキース戦で快投

 米大リーグのドジャース・山本由伸投手が7日(日本時間8日)、敵地ヤンキース戦でメジャー自己最多106球を投げ、7回を2安打7奪三振無失点と快投。打線の援護なく白星は付かず、チームは延長11回にようやく均衡を破り、2-1で勝利した。敗れたヤンキースの地元メディアはかつて獲得を目指していた山本に脱帽した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 手厳しいNYメディアも認める快投だった。山本は伸びのあるストレートに手元で動くツーシームを織り交ぜ、巧みな投球術で相手打線を圧倒。4番スタントンのバットをへし折り、2回2死から12者連続アウトを奪った。7回もマウンドに上がり、最後は1死一塁から併殺締め。4試合連続100球超えの106球はメジャー移籍後最多の力投だった。打線の援護なく7勝目はお預けになったものの、昨オフのメジャー挑戦当時に獲得オファーを出したヤンキースに“恩返し”した。

 米ニューヨーク州地元紙「ニューヨーク・デイリー・ニュース」は「ヨシノブ・ヤマモトがヤンキースタジアムデビューでエース級の活躍 ドジャースが11回にヤンキースに勝利」と山本を主語にした記事を掲載。ピッチングを取り上げた。

「フリーエージェントで入団を断った球団であり、球界最高の攻撃力を誇るチーム相手に25歳は106球中72球のストライクを投げ、7回0封の中でたったの2四球だった」と制球とテンポの良さを称賛。「抜群の制球力に加え、ヤマモトは6つの球種で7奪三振、球速も速かった」「素晴らしい投球をしたヤマモトは、防御率を3.00とした」。投手史上最高額となる12年総額3億2500万ドル(約509億円)で契約した右腕を手放しで称えた。

 また、米ニューヨーク州地元紙「ニューヨーク・ポスト」も「試合前の選手紹介で地元ファンからブーイングを浴びたヤマモトは大舞台で躍動。7回2安打無失点、7奪三振2四球でメジャーリーガーとして最高の先発登板を見せた」と評し、「ヤマモトは重要な対戦に向け、モチベーションは高かったようだ」と伝えた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集