[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山本由伸7回0封に敵将称賛「彼らの勝利の立役者だ」 球速向上で「我々にとって凄くタフに…」

米大リーグのドジャース・山本由伸投手が7日(日本時間8日)、敵地ヤンキース戦でメジャー自己最多106球を投げ、7回を2安打7奪三振無失点と快投。打線の援護なく白星は付かず、チームは延長11回にようやく均衡を破り、2-1で勝利した。敗れたヤンキースのアーロン・ブーン監督も脱帽した。

ヤンキース戦で快投を見せたドジャースの山本由伸【写真:ロイター】
ヤンキース戦で快投を見せたドジャースの山本由伸【写真:ロイター】

敵地ヤンキース戦で快投も7勝目はお預け

 米大リーグのドジャース・山本由伸投手が7日(日本時間8日)、敵地ヤンキース戦でメジャー自己最多106球を投げ、7回を2安打7奪三振無失点と快投。打線の援護なく白星は付かず、チームは延長11回にようやく均衡を破り、2-1で勝利した。敗れたヤンキースのアーロン・ブーン監督も脱帽した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 山本は伸びのあるストレートに手元で動くツーシームを織り交ぜ、巧みな投球術で相手打線を圧倒。4番スタントンのバットをへし折り、2回2死から12者連続アウトを奪った。7回もマウンドに上がり、最後は1死一塁から併殺締め。4試合連続100球超えの106球はメジャー移籍後最多の力投だった。しかし、ドジャース打線は走者を塁に出しながらも5回2死一、二塁のチャンスで大谷翔平が凡退するなど、援護できなかった。

 結局、山本の7勝目はお預けになったものの、昨オフのメジャー挑戦当時に獲得オファーを出したヤンキースに“恩返し”の106球になった。

 米ニューヨーク州地元局「YESネットワーク」が中継した会見によると、試合後の会見で敵将のブーン監督は「今季ここまでの試合に比べて球速があったね」と評し、「もちろん対戦するのは初めてだけど、今までよりも平均2マイルくらい速い球を投げているように見えた。それをしっかり制球していた」と印象を語った。その上で「我々にとってはとてもタフだったね。彼らの勝利の立役者だった」と脱帽。山本の快投を認めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集