[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「よくやったショウヘイ」 大谷が怪物ルーキーの161キロを粉砕できた理由、ド軍OB指摘した“変化”

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で出場し、3回の第2打席で5試合ぶりとなる15号2ランを放った。対戦したのは昨年ドラフトで全体1巡目を受けたポール・スキーンズ。時速100マイル(約161キロ)を超える直球に第1打席は三振に倒れたものの、しっかりやり返した対応力に地元放送席が沸いている。

3回の第2打席で15号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
3回の第2打席で15号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

怪物スキーンズとの初対戦は三球三振…本塁打を放つまでに何が

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で出場し、3回の第2打席で5試合ぶりとなる15号2ランを放った。対戦したのは昨年ドラフトで全体1巡目を受けたポール・スキーンズ。時速100マイル(約161キロ)を超える直球に第1打席は三振に倒れたものの、しっかりやり返した対応力に地元放送席が沸いている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 3回2死一塁で迎えた第2打席、大谷はスキーンズがフルカウントから高めに投じた100.1マイル(約161.1キロ)の速球を捉えた。打球は中堅へぐんぐん伸び、フェンスを越えた。飛距離415フィート(約126.5メートル)、打球速度105.6マイル(約169.9キロ)という豪快な一発だった。怪物ルーキーと初めて当たった試合で力の差を見せつけた。

 この打撃に目を丸くしているのが、カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の試合後番組に出演した3人だ。司会のジョン・ハータン氏が「スキーンズが第1ラウンドをとり、ショウヘイ・オオタニが第2ラウンドを勝利したという感じですかね」と口火を切った。

 大谷は初回の第1打席では、スキーンズの最速101マイル(約162.5キロ)の投球に翻弄され三球三振に終わっていたからだ。

 解説者で、元ドジャースのエイドリアン・ゴンザレス氏は「そうですね。ショウヘイは第1ラウンドでスキーンズのストレートに慣れようとしていたと思います。明らかに、ストレートは100マイルを超えていましたから。打席後、彼はダグアウトでビデオを見て、ボールの上をたたかなければならないと気づきました。そして第2ラウンドを迎える際には彼には準備ができていました」と、打席間にしっかり攻略の準備を進めていたと指摘した。

 さらに元ドジャースのジェリー・へアストンJr.氏も「スキーンズのストレートが初めてホームランを打たれましたね。今まで打たれたホームランは全て変化球でしたから。よくやったショウヘイ・オオタニ。相手のストレートによくぞ打ち勝った」と称えている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集