[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃15号で「キャリア最高」の記録誕生 161.1キロ粉砕、27球場HRで日本人最多も更新

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地パイレーツ戦に「2番・DH」で先発。3回の第2打席で中越えに15号2ランを放った。全米ドラフト1位の注目右腕・スキーンズを粉砕。打球速度169.9キロ、飛距離126.4メートルの一発。豪快な打球でまたも記録を複数生んでいた。

3回の第2打席で中越えに15号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
3回の第2打席で中越えに15号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

パイレーツ・スキーンズから一発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地パイレーツ戦に「2番・DH」で先発。3回の第2打席で中越えに15号2ランを放った。全米ドラフト1位の注目右腕・スキーンズを粉砕。打球速度169.9キロ、飛距離126.4メートルの一発。豪快な打球でまたも記録を複数生んでいた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大谷が全米注目の剛腕を粉砕した。3回2死一塁の第2打席。スキーンズが投じた高め100.1マイル(約161.1キロ)の真っすぐを完璧にとらえた。高々と上がった打球は中越えの2ランに。大谷は右手で上空方向を指差すようにして一塁ベースを回った。敵地は騒然だ。

 MLB公式のサラ・ラングス記者が自身のXで紹介したところによると、大谷が打ったスキーンズの投球100.1マイルは、これまでのキャリアで本塁打としたボールの中で最速の投球だった。さらに米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者は「今季ドジャースの選手が97マイル以上の速球を本塁打にしたのは初めて」と自身のXで伝えた。

 大谷はピッツバーグのPNCパークで初ホームラン。27球場目の本塁打となり、こちらでも日本選手最多を更新した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集