[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、全米ドラ1粉砕の15号 161キロ剛速球攻略に放送席熱狂「パワーがさらなるパワーを生む」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で先発し、3回の第2打席で5月29日(同30日)以来5試合ぶりとなる15号2ランを放った。時速100マイル(約160.9キロ)の剛速球を粉砕する一打に、ドジャース側の放送席は「パワーがさらなるパワーを生む」と大興奮だ。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

5試合ぶり15号…話題のスキーンズに見せた格の違い

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で先発し、3回の第2打席で5月29日(同30日)以来5試合ぶりとなる15号2ランを放った。時速100マイル(約160.9キロ)の剛速球を粉砕する一打に、ドジャース側の放送席は「パワーがさらなるパワーを生む」と大興奮だ。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 全米ドライチ自慢のボールを粉砕した。大谷が対戦したパイレーツ先発のスキーンズは、2023年のドラフト全体1位で指名された右腕。大谷も初回の対戦では、最速101マイル(約162.5キロ)のボールを前に3球三振に倒れていた。

 3回2死一塁で迎えた第2打席、大谷はフルカウントからスキーンズが高めに投じた100マイル(約160.9キロ)の速球を捉えた。打球は中堅へぐんぐん伸び、フェンスを越えた。飛距離415フィート(約126.5メートル)、打球速度105.6マイル(約169.9キロ)の打球に衝撃を受けたのが、ドジャースの地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」だ。

 実況のスティーブン・ネルソン氏が「パワーがさらなるパワーを生む。オオタニの15号ホームランだ!」と絶叫すると、解説でドジャースOBのオーレル・ハーシュハイザー氏は「オオタニは6球のストレートにスイングし、5球を空振りしたが、1球を2ランにした。これが適応するということだ」と、初回の打席からの流れに注目していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集