[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

グラブ叩きつけたのに…人類最速左腕の“勘違い”にファン笑撃 止まらぬ激情「こんな光景初めて」

米大リーグで人類最速左腕として知られるパイレーツのアロルディス・チャップマン投手が“勘違い”でグラブを叩きつける姿に、米国のファンは「こんな光景初めて」「面白すぎる」と笑いが止まらない様子だ。本塁打を覚悟した打球は外野手のグラブへすっぽり。何とも不思議な場面となった。

パイレーツのアロルディス・チャップマン【写真:Getty Images】
パイレーツのアロルディス・チャップマン【写真:Getty Images】

ドジャース戦で登板のチャップマン、大飛球にグラブ叩きつけたが…

 米大リーグで人類最速左腕として知られるパイレーツのアロルディス・チャップマン投手が“勘違い”でグラブを叩きつける姿に、米国のファンは「こんな光景初めて」「面白すぎる」と笑いが止まらない様子だ。本塁打を覚悟した打球は外野手のグラブへすっぽり。何とも不思議な場面となった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 今季からパイレーツでプレーするチャップマンは4日(日本時間5日)、本拠地ピッツバーグで行われたドジャース戦の8回から3番手で登板。いきなり大谷と対戦し、低めのスプリットをゴロで中前安打とされた。続くフリーマンを三振に仕留め、スミスには四球で1死一、二塁となったところで事件は起こった。

 テオスカー・ヘルナンデスへの初球、甘いスライダーが高々と中堅方向へ上がると、チャップマンは怒りに任せてグラブをマウンドに叩きつけた。ただ打球はフェンス手前で中堅手スウィンスキのグラブに収まり2死。更にパヘスから空振り三振を奪い、この回無失点で終えた。

 本塁打と勘違いしたのか、グラブを叩きつけるチャップマンの姿を、米ポッドキャスト番組「トーキン・ベースボール」が公式X(旧ツイッター)に「アロルディス・チャップマンは、このボールがホームランかと思った。大爆笑」というコメント付きで紹介すると、米国のファンから様々なコメントが並んだ。

「この激情が好きだけどね」
「何と言おうと、彼は燃えているし、もっと良くなりたいと思っている」
「MLBのフィールドでこんな光景を見たのは初めてだ(笑)」
「もう20回見たけど面白すぎる」
「彼はまるでリトルリーグのワールドシリーズで負けたような顔をしている」
「チャップマンはパイレーツファン全員に心臓発作を起こさせたよ」

 2010年のレッズ時代、大リーグ史上最速となる時速105.1マイル(約169.1キロ)を投げたことで知られるチャップマン。36歳になった今も激情は健在のようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集