[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生優花を「妹」と呼ぶ韓国ゴルファーが話題 V決定まで待って粋な計らい、予選落ちも「良い人」

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープン(OP)を制した22歳・笹生優花(フリー)を29歳の韓国人ゴルファーが熱烈に祝福した。ホールアウト直後にハグで出迎えたかと思えば、舞台裏では水を浴びせるサプライズ。自身のSNSでも「妹よ、あなたはとてもクールだわ!」と称賛した。映像が公開されると日本のファンからも「良い人やな」「素敵」といった声が寄せられている。

全米女子OP、2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた笹生優花【写真:ロイター】
全米女子OP、2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた笹生優花【写真:ロイター】

海外メジャー・全米女子オープン

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープン(OP)を制した22歳・笹生優花(フリー)を29歳の韓国人ゴルファーが熱烈に祝福した。ホールアウト直後にハグで出迎えたかと思えば、舞台裏では水を浴びせるサプライズ。自身のSNSでも「妹よ、あなたはとてもクールだわ!」と称賛した。映像が公開されると日本のファンからも「良い人やな」「素敵」といった声が寄せられている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 自分のことのように喜んだ。最終18番、30センチのパーパットを丁寧に決め、小さくガッツポーズした笹生。まだ後続の組のプレーが残っているとはいえ、ただ一人、4アンダーまで伸ばしていたこともあり、ギャラリーから拍手で称えられた。アテストに向かう通路で待ち受けていたのはチョン・インジ。笹生が一礼すると、チョンは両手を大きく広げて熱い抱擁を交わした。

 米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われた今大会。難セッティングに苦しむ選手が続出し、チョンも第2ラウンドで予選落ちとなった。それでも好成績を残したライバルを待ち構え、笑顔で称賛。舞台裏では椅子に座っていた笹生に忍び寄り、両手でペットボトルの水を浴びせた。驚いた様子のチャンピオンと再び抱き合い、全力で喜びを表現していた。

 西村優菜も参加したこのサプライズ映像を全米女子オープン公式Xが公開。日本のファンからは「良い人やな」「素敵」「ホッコリする2人」といった声が寄せられた。チョンは今大会を振り返る自身のインスタグラムの投稿でも「今日全米女子オープン2度目の優勝を果たしたユウカ・サソウ、おめでとう。Little sis(妹よ)、あなたはとてもクールだわ!」と賛辞を送っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集