[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「先輩にリスペクトして美しい」 笹生優花がホールアウト後に礼儀尽くした日本人女子ゴルファーは

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦、全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日を行い、22歳の笹生優花(フリー)が逆転で2021年大会以来、2度目の優勝を成し遂げた。後続のプレーが残っている中、ホールアウト直後の行動がネット上のファンの間で話題に。「リスペクトして美しいね」「最後ハグ」といった声が上がっている。

全米女子OP、2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた笹生優花【写真:Getty Images】
全米女子OP、2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた笹生優花【写真:Getty Images】

全米女子オープン

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦、全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日を行い、22歳の笹生優花(フリー)が逆転で2021年大会以来、2度目の優勝を成し遂げた。後続のプレーが残っている中、ホールアウト直後の行動がネット上のファンの間で話題に。「リスペクトして美しいね」「最後ハグ」といった声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 静かに喜びをかみ締めた。最終18番、30センチのパーパットを丁寧に決め、小さくガッツポーズした笹生。まだ後続の組のプレーが残っているとはいえ、ただ一人、4アンダーまで伸ばしていたこともあり、ギャラリーから拍手で称えられた。小畑貴宏キャディーと軽く抱擁すると、同組の小祝さくらにはお辞儀をしてからハグ。アテストに向かう通路では、待ち構えていたチョン・インジ(韓国)、西村優菜ともハグして健闘を称えられた。

 大会公式X(旧ツイッター)が公開した動画に映っていたシーンに、ネット上の日本人ファンは見逃さなかった。「最後さくみょんとハグ」「優勝した笹生優花プロはホールアウト直後、先輩である小祝さくらプロに キチンとお辞儀してたね チャンピオンなのに先輩にリスペクトして美しいねえ」「ペコリってするとこ好き」「小祝選手とのマッチも良かったのかな 楽しそうだったし」といった声が上がっている。

 ラウンド中は小祝と談笑するシーンも見られたことから「一緒にラウンドした、小祝さくら選手に笹生選手の様子や感想をインタビューしてほしいな」と希望する声も。最後まで礼儀を尽くした笹生のラウンドに対する反響は広がっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集