[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が「凄いの入れた!」 全米V争い中にスマイル満開、早朝のX「超バーディーだ!」

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープンは現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日が行われ、2打差4位から出た渋野日向子(サントリー)が優勝争い。12番パー3では難しいバーディーパットを沈めて、トレードマークの笑顔がはじけた。

全米女子オープン最終日、笑顔の渋野日向子【写真:ロイター】
全米女子オープン最終日、笑顔の渋野日向子【写真:ロイター】

海外メジャー・全米女子オープン

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープンは現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日が行われ、2打差4位から出た渋野日向子(サントリー)が優勝争い。12番パー3では難しいバーディーパットを沈めて、トレードマークの笑顔がはじけた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 上位勢もスコアを崩す厳しいセッティング。我慢の展開が続く中で迎えた12番パー3で、見事なバーディーパットを決めた。約7メートル、難しいラインをきっちり読み切ってギャラリーは拍手喝采。渋野はカップインを見届けると両手でガッツポーズを作ってスマイルも見せ、右手を上げて歓声に応えた。

 早朝から観戦しているX上の日本ファンからは「とんでもない難しいラインを読み切ってのスーパーバーディーだ」「渋野日向子さんZONEに入ってるな」「復活超スーパーバーディー」「すごいラインのバーディパット」「凄いの入れた!」と歓喜の声が続出していた。

 この時点で通算1アンダーとして、首位と1打差に。今大会は4位に入った2020年以来4年ぶりの決勝ラウンド。今季は9戦6度の予選落ちと苦しんでいたが、19年のAIG全英女子オープン以来、5年ぶり2度目のメジャー制覇へ優勝争いを繰り広げている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集