[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心、7.20ボクサー4戦目発表! 世界ランカー対決で初の10回戦、中谷潤人らトリプル世界戦

ボクシングの帝拳プロモーションは31日、7月20日に東京・両国国技館でトリプル世界戦を行うと発表した。同興行でボクシング転向4戦目を迎える那須川天心(帝拳)は都内で会見に出席。ジョナサン・ロドリゲス(米国)とノンタイトル10回戦(最大10ラウンド)を行う。自身初の10回戦となる。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信。戦績は25歳の那須川が3勝(1KO)、ロドリゲスが17勝(7KO)2敗1分け。

都内で会見に出席し、次戦を発表した那須川天心【写真:中戸川知世】
都内で会見に出席し、次戦を発表した那須川天心【写真:中戸川知世】

7.20トリプル世界戦

 ボクシングの帝拳プロモーションは31日、7月20日に東京・両国国技館でトリプル世界戦を行うと発表した。同興行でボクシング転向4戦目を迎える那須川天心(帝拳)は都内で会見に出席。ジョナサン・ロドリゲス(米国)とノンタイトル10回戦(最大10ラウンド)を行う。自身初の10回戦となる。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信。戦績は25歳の那須川が3勝(1KO)、ロドリゲスが17勝(7KO)2敗1分け。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 昨年4月のボクシングデビュー戦は6回戦、9月の2戦目は8回戦でともに判定勝ち。8回戦だった今年1月の3戦目は初の世界ランカーを相手に圧倒し、相手の棄権で3回終了TKO勝ちした。現在の世界ランクはバンタム級でWBA7位、WBC13位、WBO11位。東洋太平洋は4位、WBOアジアパシフィックは1位、日本ランクはスーパーバンタム級で3位につける。

 ロドリゲスは2018年にデビュー。昨年11月には元WBA世界スーパーフライ級王者でWBA世界バンタム級4位カリド・ヤファイ(英国)に初回KO勝ちした。今回の発表によると、現在の世界ランクはWBA4位につけ、死角からの右フックが脅威という。

 バンタム級の4つの世界王座は全て日本人が保持。今回の興行ではWBC王者・中谷潤人(M.T)が同級1位ビンセント・アストロラビオ(フィリピン)と初防衛戦を迎える。2月に3階級制覇を達成。米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で10位につける。バンタム級は中谷のほか、WBAを井上拓真(大橋)、IBFを西田凌佑(六島)、WBOを武居由樹(大橋)が王座を保持している。

 その他に2月に4階級制覇を達成したWBO世界スーパーフライ級王者・田中恒成(畑中)が、同級12位ジョナタン・ロドリゲス(メキシコ)と初防衛戦。WBO世界フライ級王座決定戦では、同級1位・加納陸(大成)と同級2位アンソニー・オラスクアガ(米国・帝拳)が対戦する。

 興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第9弾として行われる。

【7月20日の対戦カード】

▽WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦
王者・中谷潤人(M.T)
VS
同級1位ビンセント・アストロラビオ(フィリピン)

▽WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦
王者・田中恒成(畑中)
VS
同級12位ジョナタン・ロドリゲス(メキシコ)

▽WBO世界フライ級王座決定戦12回戦
同級1位・加納陸(大成)
VS
同級2位アンソニー・オラスクアガ(米国)

▽10回戦
那須川天心(帝拳)
VS
ジョナサン・ロドリゲス(米国)

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集