[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ全米女子OPで世界1位に悲劇 パー3でまさかの「10」大叩き、池ポチャ3連発に「私も人間よ」

ゴルフの海外メジャー・全米女子オープンは30日、ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で開幕し、世界ランク1位のネリー・コルダ(米国)が12番パー3で10打を叩くアクシデントがあった。今季は出場5連勝を含む6勝を挙げている実力者。優勝候補の大本命がまさかの出遅れとなった。

ランカスターCCで行われている全米女子オープンに出場している世界ランク1位のネリー・コルダ【写真:Getty Images】
ランカスターCCで行われている全米女子オープンに出場している世界ランク1位のネリー・コルダ【写真:Getty Images】

全米女子オープンでネリー・コルダにアクシデント

 ゴルフの海外メジャー・全米女子オープンは30日、ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で開幕し、世界ランク1位のネリー・コルダ(米国)が12番パー3で10打を叩くアクシデントがあった。今季は出場5連勝を含む6勝を挙げている実力者。優勝候補の大本命がまさかの出遅れとなった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 予想外の展開だった。1ボギーで迎えた前半12番パー3。コルダは183ヤードからの第1打をグリーン奥のバンカーに入れた。寄せようとしたアプローチショットは傾斜を下って対峙するクリークへ。1打罰を加え、クリーク越えの打ち直しの4打目も6打目もともにクリークへ。計3度の“池ポチャ”で、途中にはしゃがみ込む場面もあり、結局このホールだけで10打を叩いた。

 米ゴルフ専門サイト「ゴルフ.com」は「ネリー・コルダの悲惨なメジャー初戦は、彼女の顕著な欠点を明らかにした」と題した記事で、コルダのコメントを伝えている。記事によると、1打目までに前の組を30分待っていたといい、コルダは「ティーボックスの少し後ろのクラブ1本分あたりにティーアップしたの。6番アイアンで打ったんだけど、風を突き抜けていった感じだった」とオーバーしたティーショットを振り返った。

 さらに「打ったとき、ロケットのように飛んで行った。これについては何もできなかった」と風の影響に脱帽した様子。「私も人間。今日はただ悪い日だった。それしか言えない」と悪夢の1日を表現していた。

 初日を終えて、首位の笹生優花とは12打差の137位。今季好調の実力者が巻き返しを図る。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集