[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

別人・今永昇太、まさかの7失点炎上に米記者悲鳴 「自責点の合計以上だ」「相手が打ち崩し…」

米大リーグ・カブスの今永昇太投手は29日(日本時間30日)、敵地ブルワーズ戦に先発したが、初回に2ランを浴びるなど3試合ぶりの失点。3回には5点を失う乱調で4回1/3を投げ、2本塁打を含む8安打7失点だった。試合前の防御率が0.84だったように過去9先発とは別人の姿に。米記者が悲鳴まじりの声を上げている。

ブルワーズ戦で先発したカブスの今永昇太【写真:ロイター】
ブルワーズ戦で先発したカブスの今永昇太【写真:ロイター】

過去9試合の防御率0.84が…3回までに2被弾7失点

 米大リーグ・カブスの今永昇太投手は29日(日本時間30日)、敵地ブルワーズ戦に先発したが、初回に2ランを浴びるなど3試合ぶりの失点。3回には5点を失う乱調で4回1/3を投げ、2本塁打を含む8安打7失点だった。試合前の防御率が0.84だったように過去9先発とは別人の姿に。米記者が悲鳴まじりの声を上げている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 今永は初回、先頭のオルティスに右翼への二塁打を許し、1死後イェリッチには初球、真ん中付近の直球を右中間スタンドへの6号2ランとされた。被本塁打も失点も、7日(同8日)のパドレス戦以来3試合ぶり。3回には1死一、三塁からアダメスの中前適時打で3点目を失い、さらにサンチェスの左翼線への適時二塁打、パーキンスにも左中間へ2ランと計7点を失った。1試合2被弾も初めてだった。

 米イリノイ州の地元紙「シカゴ・トリビューン」のカブス番メーガン・モンテムロ記者は、Xに「ブルワーズが10日間休んだイマナガを打ち崩している。ブルワーズは3回の5得点を含む7得点している。イマナガはこの試合前までの9先発(53.2イニング)で、自責点が5しかなかった」とつづった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のジェシー・ロジャーズ記者も「ブレイク・パーキンスが3回に本塁打を放ち、ブルワーズがイマナガから7得点。今季の自責点の合計以上だ」と驚き。米紙「USAトゥデー」のコンテンツ戦略担当エリシャ・トウェルスキ記者は「イマナガの最初の9先発:53回2/3で5自責点。今夜ブルワーズ戦:3回で7失点」と数字で表現している。

 今永は4月1日(同2日)の初登板以来、前回先発した18日(同19日)のパイレーツ戦までの9試合で失点が7、自責点が5しかなかった。それでも防御率は1.86だが、あまりの変化に驚きの声が広がっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集