[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング世界王者・重岡銀次朗が7.28にV3戦 世界の名王者助言で豪快KOへ「いつも狙っている」

ボクシングのIBF世界ミニマム級王者・重岡銀次朗(ワタナベ)が29日、都内の所属ジムで会見し、7月28日に滋賀ダイハツアリーナで指名挑戦者の同級1位ペドロ・タドゥラン(フィリピン)と3度目の防衛戦を行うと発表した。プエルトリコの名王者にもらった助言を生かし、KO勝ちに繋げる。興行はABEMAで全試合無料生配信。戦績は24歳の重岡が11勝(9KO)、27歳のタドゥランが16勝(12KO)4敗1分。

会見に臨んだ重岡銀次朗【写真:浜田洋平】
会見に臨んだ重岡銀次朗【写真:浜田洋平】

重岡銀次朗が会見

 ボクシングのIBF世界ミニマム級王者・重岡銀次朗(ワタナベ)が29日、都内の所属ジムで会見し、7月28日に滋賀ダイハツアリーナで指名挑戦者の同級1位ペドロ・タドゥラン(フィリピン)と3度目の防衛戦を行うと発表した。プエルトリコの名王者にもらった助言を生かし、KO勝ちに繋げる。興行はABEMAで全試合無料生配信。戦績は24歳の重岡が11勝(9KO)、27歳のタドゥランが16勝(12KO)4敗1分。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 重岡はKO勝ちに照準を合わせた。3月31日に2回KO勝ちでV2成功。これまで熊本、大阪、愛知で試合をしてきたが、今回は世界戦初開催の滋賀だ。「いずれやると思っていた選手。今までの相手で一番強い」。好戦的なサウスポーの元IBF王者タドゥランはKO負けのないタフさを誇る。重岡は「どう倒して勝つか。いつもKOを狙っている。根性のある選手を倒すことに意味がある」と闘志を燃やした。

 昨年4月にレネ・マーク・クアルト(フィリピン)に9回KO勝ちした暫定王座決定戦が、IBFの年間最高KO賞に選出された。「まだ早い」と謙遜するが、数ある世界の名ボクサーがいる中、ミニマム級でKO賞に輝くのは異例だ。

 今月10日にプエルトリコで行われたIBF年次総会で授賞式に出席。現地の名門・カルデロンジムで1日だけ練習した。同ジムの会長はWBO世界ミニマム級王座を11度、WBO世界ライトフライ級王座を6度防衛したイヴァン・カルデロン氏だ。身長153センチの重岡は体格的に不利になることが多いため、「もっと頭を振れ! 振るのが少ないぞ!」とアドバイスをもらったという。

「中に入ることと動き続けること。課題にしていたディフェンス面を言われてヒントになりました。ずっと足を動かしながら頭も振るのは難しい。癖をつけていきたい」と克服に意欲。防御から攻撃に繋げれば、さらなる豪快なKOも期待できる。今後はタドゥランと同じフィリピンからサウスポー2人をスパーリングパートナーとして招聘。6週間、実戦練習を重ねていく。

 今回は元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏が主催する興行「奥井グループ presents 3150FIGHT vol.9」として開催される。同氏は「期待通りの試合をしてくれる本当に強い王者」と重岡を信頼。前戦の同じ興行に出場した兄・優大がWBC同級王座から陥落した。重岡は世界戦初のメインイベントを任され、兄にセコンドについてもらうという。「責任を持って盛り上げたい」とKO勝ちを誓った。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集