[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今年も全仏OPで騒動勃発「鼻が折れていたかも」観客被害 地元選手の愚行→お咎めなし裁定に相手憤慨

テニスの4大大会・全仏オープンで今年も選手の行為を巡る騒動が勃発した。フラストレーションを溜めた選手が怒りに任せて打ったボールが、観客に直撃。しかし、警告のみという事実上のお咎めなしの裁定に、相手選手は「もう少し運が悪かったら、顔に直撃していただろう。そして、鼻を骨折するなど何かが起こる可能性があった」と批判した。実際の様子がネット上で拡散され、波紋が広がっている。

テレンス・アトマヌ【写真:ロイター】
テレンス・アトマヌ【写真:ロイター】

怒りに任せて打ったボールが観客に直撃するハプニング

 テニスの4大大会・全仏オープンで今年も選手の行為を巡る騒動が勃発した。フラストレーションを溜めた選手が怒りに任せて打ったボールが、観客に直撃。しかし、警告のみという事実上のお咎めなしの裁定に、相手選手は「もう少し運が悪かったら、顔に直撃していただろう。そして、鼻を骨折するなど何かが起こる可能性があった」と批判した。実際の様子がネット上で拡散され、波紋が広がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 26日(日本時間27日)に行われた男子シングルス1回戦。地元フランスのテレンス・アトマヌは2セット連取から第3セットを落とし、第4セットも劣勢で迎えた。そんな展開で自らのプレーにフラストレーションが溜まったのか、プレーとは関係ない場面でラケットでボールを強打。その打球が観客の女性客の下半身に直撃した。対戦相手のセバスチャン・オフナー(オーストリア)は抗議したが、主審とスーパーバイザーの協議の末、警告のみで試合は再開された。

 オフナーはそのまま逆転勝ちしたものの、怒りが収まらない様子。オーストラリア放送局「7ニュース」によると、オフナーは審判から「女性と話して、最初は痛がったが、今は大丈夫、すべて大丈夫だと言われた。彼女はボールが飛んで来るのを見ていた。だから失格には十分ではない」と説明されたという。

 しかし、「もし彼(審判)がその様子を見ていたら、もしかしたら違う判断をするかもしれない。もう少し運が悪かったら、顔に直撃していただろう。そして、鼻を骨折するなど何かが起こる可能性があった」と危険性を指摘。「ちょっと驚いたよ。だって、あんなことを小さなコートでやったら、罰せられなければならないから、そうだろ?」と憤りが収まらない。

 さらに「普通にボールを打った感じではなかった。フルパワーだったんだ。ボールは凄く速かった。観客へ向かって一直線に。それ以下の行為で失格になった人もいたんだ」と証言。記事では「実際、昨年の全仏オープンでは、ミユ・カトウがボールキッドにボールを当てたとして女子ダブルスのトーナメントから追放された」と日本の加藤未唯が失格となった騒動を引き合いに出し、オフナーの証言を補足した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集