[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

昨季MVPアクーニャJr.が今季絶望 「左膝前十字靭帯断裂」で手術とブレーブス発表、走塁中に負傷して転倒

米大リーグ・ブレーブスのロナルド・アクーニャJr.外野手が左膝の前十字靭帯を断裂し、今季絶望となった。26日(日本時間27日)に球団が発表した。昨季ナ・リーグのMVPに輝いた俊足強打の選手だが、同日行われたパイレーツ戦で走塁の際に脚を痛め、そのまま退いていた。

初回の盗塁で負傷し、スタッフに寄り添われてフィールドを去るブレーブスのロナルド・アクーニャJr.【写真:Getty Images】
初回の盗塁で負傷し、スタッフに寄り添われてフィールドを去るブレーブスのロナルド・アクーニャJr.【写真:Getty Images】

パイレーツ戦で二、三塁間の走塁中に負傷、そのまま交代

 米大リーグ・ブレーブスのロナルド・アクーニャJr.外野手が左膝の前十字靭帯を断裂し、今季絶望となった。26日(日本時間27日)に球団が発表した。昨季ナ・リーグのMVPに輝いた俊足強打の選手だが、同日行われたパイレーツ戦で走塁の際に脚を痛め、そのまま退いていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ブレーブスは26日(同27日)に公式Xを更新し「ロナルド・アクーニャJr.外野手が今夜MRI検査を受け、左膝前十字靭帯が完全に断裂していることが明らかになった。手術を受ける予定だが、日付は未定。2024年シーズンの残りは全休となる」と発表した。

 アクーニャJr.はこの日、敵地パイレーツ戦に「1番・右翼」で先発出場。初回の第1打席に二塁打で出塁後、3番オズーナの打席中に二、三塁間で転倒した。その場でうずくまってしばらく立ち上がれず、左脚を引きずりながらトレーナーに付き添われてベンチに下がり、そのまま交代していた。

 昨季、打率.337、41本塁打、73盗塁、OPS1.012を記録。大リーグ史上初となる「40本塁打70盗塁」を達成し、満票でナ・リーグMVPに輝いた。今季はここまで49試合に出場し、打率.250、4本塁打、16盗塁、OPS.716の成績を残していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集