[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

横山典弘の56歳ダービー制覇は「予想外の勝利」 世界の競馬メディアは驚きと称賛「衝撃的だ」

競馬の祭典・G1日本ダービー(東京優駿、芝2400メートル、18頭立て=1頭取り消し)が26日に東京競馬場で行われ、9番人気のダノンデサイル(牡3・安田、父エピファネイア)が直線抜け出し、無敗の皐月賞馬で1番人気のジャスティンミラノに2馬身差をつけ、3歳馬の頂点に立った。10年ぶり3度目のダービー制覇となった鞍上の横山典弘騎手は56歳3か月4日の史上最年長勝利。鮮やかなレースぶりに海外メディアはこぞって称賛。「予想外の勝利」「なんて衝撃的」となどとセンセーショナルに報じている。

G1日本ダービーで3歳馬の頂点に立ったダノンデサイルと横山典弘騎手【写真:産経新聞社】
G1日本ダービーで3歳馬の頂点に立ったダノンデサイルと横山典弘騎手【写真:産経新聞社】

G1日本ダービー

 競馬の祭典・G1日本ダービー(東京優駿、芝2400メートル、18頭立て=1頭取り消し)が26日に東京競馬場で行われ、9番人気のダノンデサイル(牡3・安田、父エピファネイア)が直線抜け出し、無敗の皐月賞馬で1番人気のジャスティンミラノに2馬身差をつけ、3歳馬の頂点に立った。10年ぶり3度目のダービー制覇となった鞍上の横山典弘騎手は56歳3か月4日の史上最年長勝利。鮮やかなレースぶりに海外メディアはこぞって称賛。「予想外の勝利」「なんて衝撃的」となどとセンセーショナルに報じている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ビクトリーロードは最内だった。逃げ候補だったメイショウタバルの取り消しで前半1000メートルが62秒2の超スローとなった頂上決戦。外からまくりをかける馬もいる中、インの4番手で虎視眈々と進めたダノンデサイルと横山典騎手は4コーナーを回ると、迷わずラチ沿いのインに突っ込んだ。残り200メートルで先頭に立つと、絶好位から運んでいたジャスティンミラノの追い上げを許さず、颯爽とゴール板を駆け抜けた。ゴール後に派手なガッツポーズはなし。淡々とバックストレッチまで馬を流した。

 ペースを読み、鮮やかな手綱捌きでダノンデサイルを2021年に生まれた7906頭の頂点に導いた横山典騎手。海外メディアからは称賛の声が相次いだ。

 英専門紙「レーシングポスト」は「ジャスティンミラノが日本3冠の2冠目を阻まれ、大穴のダノンデサイルが56歳の騎手の下でクラシックを制する」との見出しで報道。「人気薄のダノンデサイルが、56歳の騎手ノリヒロ・ヨコヤマによる騎乗で、東京優駿G1で予想外の勝利を収め、ジャスティンミラノの2冠制覇を阻んだ」と記した。

 英競馬専門放送局「レーシングTV」公式Xは「2024年日本ダービーは驚きの結果。1番人気のジャスティンミラノを破り、息子も国内トップのジョッキーであるベテランのノリヒロ・ヨコヤマが、人気薄ダノンデサイルに騎乗してキャリア3度目となる勝利。シンエンペラーが3着」と記して動画を公開。海外競馬専門サイト「ワールド・ホース・レーシング」のXも「なんて衝撃的だ!」「先月のG1皐月賞をゲートで出走取消となったダノンデサイルが、ゆっくりとした走りのG1東京優駿を制した!」「56歳の騎手ノリヒロ・ヨコヤマにとって3度目の日本ダービー!」と伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集