[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

琉球、史上2度目のV2王手 殊勲15得点の今村佳太「自信持って打てた」 横浜に集結の沖縄民へ感謝【Bリーグファイナル】

バスケットボール男子B1リーグの年間優勝を決めるBリーグファイナル(2戦先勝方式)の第1戦が25日、横浜アリーナで開催され、琉球ゴールデンキングスが広島ドラゴンフライズに74-62で勝利し、連覇に王手をかけた。両チーム最多の15得点を挙げた日本代表の今村佳太は「自信を持って打てた」と自賛。沖縄から駆けつけたファンに「自分たちの力になっている」と感謝した。

Bリーグファイナル第1戦でシュートを放つ琉球の今村佳太【写真:B.LEAGUE】
Bリーグファイナル第1戦でシュートを放つ琉球の今村佳太【写真:B.LEAGUE】

日本生命 B.LEAGUE FINALS 2023-2024

 バスケットボール男子B1リーグの年間優勝を決めるBリーグファイナル(2戦先勝方式)の第1戦が25日、横浜アリーナで開催され、琉球ゴールデンキングスが広島ドラゴンフライズに74-62で勝利し、連覇に王手をかけた。両チーム最多の15得点を挙げた日本代表の今村佳太は「自信を持って打てた」と自賛。沖縄から駆けつけたファンに「自分たちの力になっている」と感謝した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 中立地・横浜アリーナのスタンドが白と朱色に綺麗に分かれた。沖縄らしい指笛がこだまする中、負けじと響く「レッツゴー広島!」コール。同地区同士の意地がぶつかり合った。先制は琉球。エース・今村が3ポイントシュート(3P)を沈めると、そこから連続得点で一気に8-0とし主導権を握った。第2クォーター(Q)は4分間以上広島を無得点に抑えるなど圧倒。前半を43-25で折り返した。

 第3Qも琉球ペース。広島が山崎稜の3P、ドウェイン・エバンスのアンドワンなどで反撃するも、今村が3本の3Pを決めるなど効果的に加点した。62-43と19点差で最終Qへ。ここで広島が猛攻。河田チリジの豪快なワンハンドダンクなどで8ポイント連続得点。琉球は一時8点差まで追い上げられたが、今村のこの日5本目の3P、岸本隆一のディープスリーなどで突き放した。

 今村は3Pを8本中5本成功させるなど両チーム最多の15得点。この日7リバウンドのジャック・クーリーらインサイド陣の存在感をたたえながら、「彼らがいることでシューターは気持ちよく打てる。シュートを躊躇していると相手に勢いを持っていかれる。入る確信もあった。自信を持って打てた」と勝負どころで迷いなく打ち切れたことに胸を張った。

 1万2969人が来場。中立地にもかかわらず数多くの琉球ブースターがかけつけ耳をつんざくような大声援を送った。今村は「沖縄という遠い地から、わざわざ飛行機を取っていただいて駆けつけてくださった。沖縄アリーナのようなホームの雰囲気でできたことが自分たちの力になっている」と感謝。クーリーも「キングスファンは世界最高のファン」と頷いた。

 西地区2位の琉球と、同地区3位ながらワイルドカード1位でチャンピオンシップ(CS)出場を決めた広島。西地区同士がぶつかるBリーグファイナルは開催7回目にして初だ。王者・琉球は3年連続で決勝の舞台に進出。17-18、18-19年シーズンのA東京以来、史上2度目の連覇を目指す。一方の広島はB1昇格4年目で初のファイナル。球団史上初、そしてB2から昇格した球団として初のB1制覇がかかる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集