[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あの佐々木希さんに匹敵」 G1オークスでルメールの意外な事実が判明、X驚き「小さくない?」

競馬の牝馬クラシック第2弾・G1オークス(優駿牝馬、芝2400メートル、18頭立て)が19日に東京競馬場で行われ、2番人気のチェルヴィニア(牝3・木村、父ハービンジャー)が直線差し切り、G1初制覇を果たした。落馬負傷からの復活となった鞍上のクリストフ・ルメール騎手に拍手と歓声が広がる中、レース後の表彰式にプレゼンターとして現れた女性との2ショットが話題に。「ビビった」「引けを取らない」など意外な比較から驚きの声が上がっている。

オークス表彰式にプレゼンターに登場した佐々木希さん【写真:産経新聞社】
オークス表彰式にプレゼンターに登場した佐々木希さん【写真:産経新聞社】

G1オークス

 競馬の牝馬クラシック第2弾・G1オークス(優駿牝馬、芝2400メートル、18頭立て)が19日に東京競馬場で行われ、2番人気のチェルヴィニア(牝3・木村、父ハービンジャー)が直線差し切り、G1初制覇を果たした。落馬負傷からの復活となった鞍上のクリストフ・ルメール騎手に拍手と歓声が広がる中、レース後の表彰式にプレゼンターとして現れた女性との2ショットが話題に。「ビビった」「引けを取らない」など意外な比較から驚きの声が上がっている。

 人馬の執念が実った。前半1000メートルが57秒7の超ハイペースを中団後方で折り合ったルメール騎手とチェルヴィニア。4コーナーを回って直線を向くと、鞍上のゴーサインに鋭く反応した。一完歩ずつ外から馬群を飲み込み、早めに内目から抜け出した1番人気の桜花賞馬・ステレンボッシュをゴール前で差し切った。桜花賞13着からの大逆転。世代随一の素質馬と言われた実力を大舞台で発揮した。

 衝撃の結末の後に、さらなる“衝撃”が待っていた。

 レース後の表彰式のプレゼンターとして登場したのは女優の佐々木希。白のブラウスと黒のスカートでルメールと並んでも小顔が際立ち、モデル出身の抜群のプロポーションを披露した。現地観戦のファンだけでなく、写真や動画を見たネット上のファンが騒然とする一方、ルメールと並んだ立ち姿にも多くの声が上がった。

「ルメール顔小さくない?」
「ルメールと佐々木希のツーショが画になりすぎだから見てけろ」
「顔小さすぎでビビった」
「みんなが『顔ちっさ!』と感嘆している佐々木希さんと並んでも引けを取らないルメール騎手の顔の小ささよ」
「あの佐々木希さんに匹敵するほど小顔のルメール騎手」
「ルメールも顔ちっちゃい」

 3月末のG1ドバイターフで落馬負傷し、2週間前に復帰したばかりのルメールの存在感は、チェルヴィニアを樫の女王に導いた騎乗ぶりだけでなく、意外なところでも示されていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集