[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

劇的サヨナラ打にあった“伏線” 大谷翔平が繰り返した仕草を米指摘「自分に言い聞かせていた」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地レッズ戦に「2番・DH」で先発出場。延長10回に移籍後初、自身4年ぶりのサヨナラタイムリーを放ち、3-2の勝利に貢献した。米データ分析企業は決勝打の前に“伏線”があったと指摘。動画とともに大谷が見せた仕草に注目を促している。

レッズ戦、サヨナラタイムリーを放ち祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
レッズ戦、サヨナラタイムリーを放ち祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

レッズ戦で移籍後初のサヨナラタイムリー

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地レッズ戦に「2番・DH」で先発出場。延長10回に移籍後初、自身4年ぶりのサヨナラタイムリーを放ち、3-2の勝利に貢献した。米データ分析企業は決勝打の前に“伏線”があったと指摘。動画とともに大谷が見せた仕草に注目を促している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 何度も同じ動作を繰り返していた。2-2で突入した延長タイブレーク。10回2死一、二塁の場面で打席に立った大谷は、右腕ディアスを相手に2球で追い込まれた。3球目はファウル、4球目は外角低めの変化球を見送りボール。カウント1-2となった5球目は低めのスライダーをカットした。ここで大谷はスイング軌道をイメージするかのように右手を軽く振り上げる仕草を繰り返した。

 直後の6球目、内角低めのフォーシームを捉えると、打球は右翼線へ。打球速度100.3マイル(約161.4キロ)で右翼手の横を抜け、劇的なサヨナラタイムリーとなった。米データ分析企業「ポジティブ・レジディアル」のXは「ショウヘイ・オオタニのサヨナラ打の真価を認めるためには、その前の球から始めなくてはならない」と記し、5球目の後に見せた動作に注目した。

 映像とともに「彼は地面につくようなスライダーをファウルにすると、すぐに低めの球をすくい上げる動作を複数回した。彼はもちろんその後、ヒットを放った」と指摘。さらに別の投稿で「ショウヘイ・オオタニはアレクシス・ディアスの内角低めの速球を弾き返す前に、ボールをすくい上げるように自分に言い聞かせていた」と続けた。スイングの後によく見せる仕草だが、その直後に狙い通りに単打う生み出すのだから、さすがと言える。

 片手で軽く合わせただけに見えるのに、打球速度は100マイル超。「試合後のインタビューで示唆していたように、『単打でいいので』ただインプレーにしようとしていたときでさえ、彼は強い打球を放ってしまう」と大谷の力強さにも驚いていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集