[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅10位入賞、絶妙アンダーカットに相次ぐ称賛 戦略ズバリで「これには思わず拍手した」

自動車のF1シリーズ第7戦、エミリアロマーニャ・グランプリ(GP)は19日、イタリア・イモラで決勝が行われ、7番スタートの角田裕毅(RB)は10位となり、今季4度目の入賞。1ポイントを獲得した。粘りのレースで際立った場面のひとつが14周目の絶妙なアンダーカット。スポーツチャンネル「DAZN」が紹介した場面にはファンからの称賛の声が集まった。

エミリア・ロマーニャGPに出場した角田裕毅【写真:Getty Images】
エミリア・ロマーニャGPに出場した角田裕毅【写真:Getty Images】

F1第7戦エミリアロマーニャGP

 自動車のF1シリーズ第7戦、エミリアロマーニャ・グランプリ(GP)は19日、イタリア・イモラで決勝が行われ、7番スタートの角田裕毅(RB)は10位となり、今季4度目の入賞。1ポイントを獲得した。粘りのレースで際立った場面のひとつが14周目の絶妙なアンダーカット。スポーツチャンネル「DAZN」が紹介した場面にはファンからの称賛の声が集まった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 思わず実況も「よぉぉし!」と声が出た。9番手を走行し、13周目でピットに入っていた角田は、翌周でタイヤ交換を行ったニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)がコースに戻ると、並走しながらも前に出た。巧みなピット戦略で順位を1つ上げる。7番手発進ながらスタートの後手が響いて順位を落としたものの、粘りの展開で10位に入り、今季4度目の入賞。チーム戦略で成功させたアンダーカットも大きかった。

 DAZN公式Xは「角田裕毅してやったり! 絶妙アンダーカットでヒュルケンベルグの前に出る」と記し、100点の絵文字とともに実際の場面を紹介。ネット上には「これは思わず拍手したわよ」「今日のハイライト」「昨年までと比べるとほんと戦略ちゃんとしてきたね」「アンダーカットした時は思わずガッツポーズした」などの声が上がり、興奮状態だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集