[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ゴルフが異次元。ヤバっという感じ」 2位河本結、優勝争った21歳・竹田麗央の飛距離に衝撃

女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6731ヤード、パー72)で最終日が行われた。単独首位で出たツアー通算1勝の25歳・河本結(RICOH)は3バーディー、2ボギーの71で回り、通算12アンダーで2位だった。5年ぶりの2勝目を逃したが、終始笑顔でプレー。優勝争いを演じ、通算3勝目を挙げた竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)を称賛した。

ブリヂストンレディスで通算12アンダーで2位となった河本結【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディスで通算12アンダーで2位となった河本結【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6731ヤード、パー72)で最終日が行われた。単独首位で出たツアー通算1勝の25歳・河本結(RICOH)は3バーディー、2ボギーの71で回り、通算12アンダーで2位だった。5年ぶりの2勝目を逃したが、終始笑顔でプレー。優勝争いを演じ、通算3勝目を挙げた竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)を称賛した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 執念でねじ込んだ。2バーディー、2ボギーのイーブンパーで迎えた最終18番パー5。河本は7メートルのバーディーパットを沈めて拳を握った。「惜しいパットが続いていたので、最後は死んでも入れたかった。めっちゃ悔しいけどやり切った」。首位の竹田がボギー以上で優勝が決まる状況。それでも拍手喝采のギャラリーに両手を挙げて応えた。

 1番で竹田に並ばれても観客の「頑張って」の声には笑顔。ショットに苦戦する難しいラウンドだったが「ギャラリーの方が女子プロゴルフを見て楽しんでくれているのが嬉しかった。幸せでした」と振り返った。

 前日から同組でプレーした竹田に2打及ばず。その飛距離に衝撃を受けた。「麗央には50ヤードくらい置いていかれました。ゴルフが異次元だな、感心というか『ヤバっ』という感じでした」。米ツアーを知る河本だけに「アメリカに来た感じでした。彼女の飛距離があればアメリカで全然戦えると思います」と舌を巻いた。

 2019年3月のアクサレディス以来となる2勝目は逃したものの、これで今季12戦中6度目のトップ10入り。昨季はメルセデス・ランキング85位に沈むなど不調に苦しんだが、復活の気配を漂わせている。最終日最終組を回ったのは実に2年ぶり。「新しい気持ちかもしれないですね。こんなに幸せな事なのか。こういう環境の中でまわれてすごく嬉しかったです」。渋野日向子、畑岡奈紗ら実力者揃う1998年度生まれの黄金世代。反省を生かし、5年ぶりの優勝にまた挑む。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集