[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

川内優輝激走、水の都での“水没マラソン”に海外反響「初めてこんなマラソン見た」

公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)が出場したベネチア・マラソン。“水の都”で行われたレースのあまりの過酷さが反響を呼んでいる。英紙が水につかりながら、走るランナーたちの様子を動画で公開。「初めて見た」「この状態でよく走れたね」などと海外のマラソンファンを仰天させている。

公務員ランナー川内優輝【写真:Getty Images】
公務員ランナー川内優輝【写真:Getty Images】

ひざ下まで水につかる過酷な状況でのレース

 公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)が出場したベネチア・マラソン。“水の都”で行われたレースのあまりの過酷さが反響を呼んでいる。水に浸かりながら、走るランナーたちの様子を英紙が動画で公開。「初めて見た」「この状態でよく走れたね」などと海外のマラソンファンを仰天させている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 “水の都”とはよく言ったものだ。28日にイタリア・ベネチアで行われたマラソンはまさに過酷だった。大雨による冠水の影響で、マラソンコースが水没する異常事態に。ランナーたちは深い田んぼのようなその中を、膝下まで水に浸かりながら、じゃぶじゃぶと走っていった。

 これはもう別の競技のようだ。水しぶきを立てながら疾走する市民ランナーの様子を、動画で公開した英紙「ガーディアン」の公式インスタグラムによると、「週末行われたベネチアのマラソンを完走するためにランナーたちは足首の上を超える洪水の波を乗り越えて走ることになった」と様子を伝えている。

 また同インスタグラムによると、マラソンには約1万3000人が参加。主催者が「最悪の状態」と発言するほどで、「翌日の公式情報によると、市の75%以上が149センチにまで水が上昇したと発表された」と異常な条件下でのレースだったことも報じている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集