[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界で結果を残すアジア人に喜び 世界女王・北口榛花、韓国選手の存在に「ウさんが来てくれた」【セイコーGGP】

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が19日、東京・国立競技場で行われる。18日は会場で一部選手が会見。昨年ブダペスト世界陸上女子やり投げ金メダルの北口榛花(JAL)は、同じアジア人の世界的選手の来日を喜び、パリ五輪に向けて弾みの大会にすることを誓った。

セイコーGGPの前日会見で笑顔を見せた北口榛花【写真:浜田洋平】
セイコーGGPの前日会見で笑顔を見せた北口榛花【写真:浜田洋平】

19日セイコーGGPへ会見

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が19日、東京・国立競技場で行われる。18日は会場で一部選手が会見。昨年ブダペスト世界陸上女子やり投げ金メダルの北口榛花(JAL)は、同じアジア人の世界的選手の来日を喜び、パリ五輪に向けて弾みの大会にすることを誓った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 世界女王の意気込みはちょっぴり控えめだった。北口は「今季に入って満足に体が動いている試合はない」と吐露。「明日は満足に動ければと思っているので、勝負も大事ですが、今のコンディションをチェックできる試合にしたい」と位置づけた。

 今季は4月末の世界最高峰ダイヤモンドリーグ(DL)蘇州大会で62メートル97をマークして優勝。1勝でも快挙とされたDLで通算7勝目を挙げた。5月5日の水戸招待は61メートル83で2連勝。流石の地力の高さを誇る。

 この日の会見には、22年オレゴン世界陸上男子走り高跳び銀メダリストのウ・サンヒョク(韓国)が隣りに。アジア人として世界レベルで活躍するには、高い壁がある陸上。北口は韓国メディアからその難しさと重圧について問われた。

「私自身、たぶん久しぶりに出てきたアジア選手。投てき種目で新しい名前だと思うけど、凄くたくさんの方が応援してくださって力になっています。陸上選手でアジア選手が大きな大会にいることが少ないので、こうしてウさんが来てくれたのが凄く嬉しい(笑)。会うたびにちょっと嬉しい気持ちになっています。

 とても力にもなりますし、自分も頑張りたいって勝手に思える目標だと思って。なかなかアジア人で1位になれる種目じゃなかったと思うけど、これからもアジア人の枠を少しでも越えられるように頑張っていきたいです」

 持ち前の笑顔を咲かせた世界女王。今大会はやり投げ大国チェコのデービッド・セケラックコーチも来日した。北口は「とにかく『コンディショニング第一』と伝えた。自分の体に少しでも近づけるようにしてきました。水戸招待よりは良い状態に持ってこられている」と手応えを口にした。大目標はパリ五輪金メダル。どこまで状態を上げるか注目される。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集