[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

感動の東京五輪から3年 陸上・田中希実が今、見てほしい姿「あの時のギラギラした自分を…」【セイコーGGP】

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が19日、東京・国立競技場で行われる。18日は会場で一部選手が会見。女子1500メートルの田中希実(New Balance)は、東京五輪と同じ会場で会心のレースを目指す。

セイコーGGPの前日会見に出席した田中希実【写真:浜田洋平】
セイコーGGPの前日会見に出席した田中希実【写真:浜田洋平】

19日セイコーGGPへ会見

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が19日、東京・国立競技場で行われる。18日は会場で一部選手が会見。女子1500メートルの田中希実(New Balance)は、東京五輪と同じ会場で会心のレースを目指す。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 思い出の国立に闘志をぶつけにいく。1500メートルは2021年東京五輪8位入賞の快挙で感動を呼んだ種目。「私の中ではいいイメージのある大会」。田中は「ファンに見てほしいところは?」の問いに対し、自虐的に笑いながらこう答えた。

「観客の皆さんにはよく『ラストスパートが注目される選手』と言われるけど、2020年あたりからラスト1周を大事にしています。ただ、ラスト1周のことを言われることで、そこが手の内を見せるようなことにもなる。ラスト1周以外にも何か新しい武器がほしいと思って試行錯誤してきた中、そのラスト1周もボヤけている。自分の武器が自分でもよくわからないです(笑)。

 何を見てくださいと言うのは難しいけど、東京五輪と同じ舞台であの時のようなギラギラしている自分を生で見ていただければ嬉しいです。セイコーGGPは大学1年で初めて出た記憶があり、その時は長居(ヤンマースタジアム長居)で3000メートルだった。大きな舞台になって、大会と一緒に自分も成長してこられたという感慨深さも感じています」

 日本記録3分59秒19を持つ24歳。参加標準記録4分02秒50を突破し、6月末の日本選手権優勝ならパリ五輪代表に内定する。今季は会心の走りはなく、「悪くない感覚は練習でもありますが、今年はレースの中でハマるレースに巡り合えていない」と吐露。昨年より状態はいいが、「練習か、それ以上の力を出すことが、今季は去年以上にできていない」と感覚の不一致を口にした。

 昨年ブダペスト世界陸上で8位入賞した5000メートルは、参加標準記録14分52秒00を突破すれば五輪に内定する状況。6月の日本選手権へ、今回はさらにギアを上げるタイミングだ。

「私は7、8月あたりから調子が上がってくる。5、6月は不安定。中でもセイコーGGPは5月開催が多く、国際大会でハイレベルですし、調子が安定しない中でもいい方向に持って行きたい大会の一つ。5月のこういう舞台で良い状態を示すことが、日本選手権でしっかり調子を合わせて確実に権利を獲るために大事になる」

 自己ベスト3分台の選手も出場するレース。今後は海外転戦も見据える中、「東京五輪以来くらい、国内でレベルの高い選手がそろった大会。その中で存在感を示せるような走りをしたい」と目をギラつかせた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集