[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ここで出してくるか」 連覇狙うバスケ琉球、選手も驚いた“超ロースコア”決着を導いた奇策

バスケットボールB1リーグは年間優勝を決定するチャンピオンシップ(CS)がスタートし、初戦となるクォーターファイナルでは昨季王者の琉球ゴールデンキングスが敵地・有明コロシアムに乗り込み、アルバルク東京と熾烈な争いを繰り広げた。2戦先取・最大3試合が行われるシリーズで、琉球は10日に行われた第1戦を2度のオーバータイムの末に81-80で先勝するも、11日の第2戦に69-73で敗戦。そして1勝1敗で迎えた13日の運命の第3戦、連覇を狙う王者は「守備の徹底」で勝機をたぐり寄せ、58-57という“超ロースコア”の試合を制した。

A東京に対して組織的な守備を見せた琉球。昨季王者らしい勝負に徹する戦いぶりだった【写真:B.LEAGUE】
A東京に対して組織的な守備を見せた琉球。昨季王者らしい勝負に徹する戦いぶりだった【写真:B.LEAGUE】

CSクォーターファイナル第3戦、A東京に競り勝ち4強進出

 バスケットボールB1リーグは年間優勝を決定するチャンピオンシップ(CS)がスタートし、初戦となるクォーターファイナルでは昨季王者の琉球ゴールデンキングスが敵地・有明コロシアムに乗り込み、アルバルク東京と熾烈な争いを繰り広げた。2戦先取・最大3試合が行われるシリーズで、琉球は10日に行われた第1戦を2度のオーバータイムの末に81-80で先勝するも、11日の第2戦に69-73で敗戦。そして1勝1敗で迎えた13日の運命の第3戦、連覇を狙う王者は「守備の徹底」で勝機をたぐり寄せ、58-57という“超ロースコア”の試合を制した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 それまでの2戦より明らかに両者がタフに守り合う展開となった試合は、第1クォーターを終えて12-9と、3試合の中で初めて両者のクォーターごとの得点が15点を割った。インサイドまで進入し、フィールドゴールだけでなくフリースローでも加点をしていくA東京に対して、琉球の桶谷大ヘッドコーチ(HC)はこのシリーズでなかなか見せなかったゾーンディフェンスで対抗を始める。追いかけるA東京が攻めあぐねる時間が訪れた。

「桶さん(桶谷HC)、やり手だな……と。ここで出してくるかと。でも、シーズン中もやってきたことではあったので、しっかりコミュニケーションを取って、ゾーンとマッチアップの切り替えの部分などは徹底できたと思います。(ゾーンディフェンスを組むと決まったのは)本当に、試合中のことなんです。試合前のミーティングとかじゃなくて、試合中にシグナルが出された感じです」

 予想外の采配が起きた瞬間を振り返るのは、在籍5季目となる琉球の小野寺祥太だ。ディフェンスでの嗅覚に優れたところを見せ、琉球の守りからのリズムを支える職人気質も持ち合わせる。この日は両チーム最多となる3本のスティールを記録するなど、相手の攻撃・反撃の芽を摘み続けた。

「ディフェンスを頑張るのは僕の仕事でもありますし、GAME2が終わってからしっかり映像を見直して、どこを対処するかを考えましたし、コートで体現できたと思います。(マッチアップをしていたA東京の)テーブス選手は突破力に優れたところがあるので、そこをしっかりと抑えられましたし、2ポイントのエリアでジャンプシュートを打ってくることについては(打たれても)OKとしていたので、決められても『大丈夫、大丈夫』と切り替えもできていたので、守りやすかったです」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集