[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メジャーリーグで今永昇太だけが言える“言い訳” 新人時代の言葉に日本人注目「有言実行凄い」

米大リーグ・カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、敵地アトランタで行われたブレーブス戦に先発登板し、5回を被安打7、8奪三振で無失点。再び防御率を0点台(0.96)に下げ降板した。走者を出しながらも2つの牽制死を奪うなど粘り強い投球を見せたが、味方の援護がなく、勝敗はつかなかった。ネット上のファンは過去の今永の“名言”を思い出し「MLBの大舞台で有言実行できるのすごすぎる」などと盛り上がっている。

ブレーブス戦に先発登板したカブスの今永昇太【写真:ロイター】
ブレーブス戦に先発登板したカブスの今永昇太【写真:ロイター】

敵地ブレーブス戦で5回無失点ピッチングも…

 米大リーグ・カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、敵地アトランタで行われたブレーブス戦に先発登板し、5回を被安打7、8奪三振で無失点。再び防御率を0点台(0.96)に下げ降板した。走者を出しながらも2つの牽制死を奪うなど粘り強い投球を見せたが、味方の援護がなく、勝敗はつかなかった。ネット上のファンは過去の今永の“名言”を思い出し「MLBの大舞台で有言実行できるのすごすぎる」などと盛り上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 今永は今季8試合目の先発で、ナ・リーグ東地区でフィリーズと首位争いを続けるブレーブスとの対戦は初めて。初回先頭のアクーニャJr.を四球で出塁させるも、1死後けん制で刺し難を逃れた。2回を除き毎回走者を背負ったものの、決定打を許さずスコアボードにゼロを並べた。5回にもこの試合2つ目のけん制を成功させ、技術の高さを見せた。

 しかし、カブス打線は5回まで2安打どまり。ブレーブス右腕レイナルド・ロペスの前に沈黙し、今永を援護することができなかった。ネット上の日本人ファンは、今永がDeNA入団1年目に口にした言葉を思い出していた。

「援護がないという言い訳は防御率0点台の投手だけが言える」

 この“名言”をメジャーの舞台で体現しているとあって、ネット上では「0点で抑えて、援護ないのは不運ですね でもこのピッチングができれば、負けることはないですね」「1年目でそういうことを言えるのもすごいけど、世界最高峰のMLBの大舞台で有言実行できてるのすごすぎるんだよな」「ヤバすぎ」「あまり調子良くなかったと思うけど、ゼロに抑えるのは流石としか、、、援護なく悔しい…」「1年目でこれ言えちゃう今永投手、素晴らしいです」「素晴らしい 継続してれば勝ちはついてくるでしょ」「こりゃサイ・ヤング賞とるな」といった声が上がっている。

 今永と投げ合ったロペスも5回無失点で防御率を1.34に下げたが、メジャー全体で0点台は今永だけ。実力を遺憾なく発揮している。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集