[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

駆け付けた母に届ける親孝行 V2岩井千怜が照れ笑い「いると落ち着く。来てくれると凄く嬉しい」

女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が12日、福岡CC和白C(6305ヤード、パー72)で行われ、首位で出た21歳の岩井千怜(ちさと・Honda)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算12アンダーで自身初の大会連覇を飾った。開幕戦以来約2か月ぶりの今季2勝目&ツアー通算6勝目。自身ら5人が持つ大会コース記録11アンダーを超え、大雨の最終日を逃げ切りで制した。

RKB×三井松島レディスで大会連覇を飾った岩井千怜【写真:Getty Images】
RKB×三井松島レディスで大会連覇を飾った岩井千怜【写真:Getty Images】

国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が12日、福岡CC和白C(6305ヤード、パー72)で行われ、首位で出た21歳の岩井千怜(ちさと・Honda)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算12アンダーで自身初の大会連覇を飾った。開幕戦以来約2か月ぶりの今季2勝目&ツアー通算6勝目。自身ら5人が持つ大会コース記録11アンダーを超え、大雨の最終日を逃げ切りで制した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 岩井が混戦を抜け出した。2年連続年間女王の山下美夢有、初優勝のかかった佐久間朱莉と並ぶ首位で迎えた最終日。悪天候の影響でセカンドカットが実施され、第2日終了時で27位タイまでの36選手で争われた。雨が降り続く中、岩井は2番でバーディー。4、5、9番でも1つずつ伸ばし、首位に駆け上がった。

 後半は11番でボギーを叩いたが、13番で獲り返す。最終18番パー5も安定したショットを披露。第3打を残り49ヤードからピン右1メートル弱に寄せ、冷静にバーディーパットを沈めた。ボールを拾い上げ、満面の笑み。母の日にピンクと白のレインウェアに身を包み、追いすがる後続を振り切った。

「まずはホッとしています。この試合はこの試合で最終組で回れるところからのスタート。勝ちたいという気持ちで強い想いがあった。今日はドライバーショットが左に行くことが多くて、スイングが早くなったけど回りながら少しずつ直しました。油断するとひっくり返る場面だったので、真剣な顔で回っていました(笑)」

 岩井は2022年のNEC軽井沢72ゴルフでツアー初優勝。この年2勝をマークし、昨季も2勝。双子の姉・明愛(あきえ)も昨季3勝をマークし、双子が揃ってツアー複数Vを達成するのは史上初だった。今季は開幕戦を制して以降、2位2度などメルセデス・ランクは4位につけて今週に入った。

「今日はピンを外すことが多かったけど、パーセーブとか粘り強さは去年より上がっている。状況判断もできるようになったと思います」。応援に駆け付けた母・恵美子さんには「いると落ち着く。応援に来てくれると凄く嬉しい」と照れ笑い。最高の親孝行となった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集