[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“誤審”敗戦の京口紘人戦に米リング誌記者が持論 「キョウグチの方がより強烈だが…」

ボクシング元世界2階級制覇王者のWBA世界フライ級2位・京口紘人(ワタナベ)が11日、韓国・仁川で同級10回戦に臨み、IBF世界同級10位ビンス・パラス(フィリピン)に0-3の判定負けした。終始優勢と見られながらまさかの採点が物議に。世界で最も権威がある米専門誌「ザ・リング」の記者は「ほとんどの場面で攻撃的だったのはパラスの方だった」と分析している。

京口紘人【写真:浜田洋平】
京口紘人【写真:浜田洋平】

京口紘人が0-3の判定負け

 ボクシング元世界2階級制覇王者のWBA世界フライ級2位・京口紘人(ワタナベ)が11日、韓国・仁川で同級10回戦に臨み、IBF世界同級10位ビンス・パラス(フィリピン)に0-3の判定負けした。終始優勢と見られながらまさかの採点が物議に。世界で最も権威がある米専門誌「ザ・リング」の記者は「ほとんどの場面で攻撃的だったのはパラスの方だった」と分析している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 京口はガードを固めながらパンチを繰り出す基本に忠実なスタイルで攻撃。好戦的な相手をブロックし、ポイントを重ねたように思われた。しかし、判定結果がコールされた直後、京口は驚きを隠せず。パラスは背後のラウンドガールへ歩み寄ってハグを交わし、満面の笑みで頬にキスをしようと顔を近づけていた。

 日本人ファンを中心に誤審を指摘する声が多数上がっている中、リング誌はライアン・ソンガリア記者の署名記事を公開。「この戦いは数多くの熱烈なやりとりが特色となった」と指摘し、持論を続けた。

「パラスが頭部とボディーへの殴打で突き進む一方、キョウグチはカウンターパンチで相手をスローダウンさせようとした。キョウグチの方がより強烈なパンチを着弾させていたが、ほとんどの場面で攻撃的だったのはパラスの方だった。彼はスローダウンしてキョウグチに有利なペースで戦うことを拒んだ」

 京口はIBF世界ミニマム級王者時代の2018年5月にパラスに判定勝ち。6年ぶりの再戦だった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集