[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

物議判定で京口紘人撃破の相手がまさかの行動 日本人怒り「ただのスケベ」「けしからん」

ボクシング元世界2階級制覇王者のWBA世界フライ級2位・京口紘人(ワタナベ)が11日、韓国・仁川で同級10回戦に臨み、IBF世界同級10位ビンス・パラス(フィリピン)に0-3の判定負けした。終始優勢と見られながらまさかの採点が物議に。一方、勝ったパラスは恒例となっているラウンドガールへのハグを繰り出し、日本人ファンは「相手ただのすけべやん」「けしからん」と怒りの声が上がっている。

京口紘人【写真:浜田洋平】
京口紘人【写真:浜田洋平】

パラスは試合直着にラウンドガールへ一直線

 ボクシング元世界2階級制覇王者のWBA世界フライ級2位・京口紘人(ワタナベ)が11日、韓国・仁川で同級10回戦に臨み、IBF世界同級10位ビンス・パラス(フィリピン)に0-3の判定負けした。終始優勢と見られながらまさかの採点が物議に。一方、勝ったパラスは恒例となっているラウンドガールへのハグを繰り出し、日本人ファンは「相手ただのすけべやん」「けしからん」と怒りの声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 ラウンドガールに一直線だった。判定結果がコールされた直後。京口が驚きを隠せず後ろを振り返った一方、パラスは背後のラウンドガールへ歩み寄った。ハグを交わすと、頬にキスをしようと顔を近づけた。女子2人を両脇に満面の笑みで写真撮影した。

 パラスにとっては勝利後の恒例パフォーマンスだが、X上の日本人ファンは「相手ただのすけべやん」「全てを手に入れた男」「けしからん」と批判。判定結果が物議を呼んでいるだけに「負けはない」「うそやろ」と異議を唱える声も多数上がっている。

 京口はIBF世界ミニマム級王者時代の2018年5月にパラスに判定勝ち。6年ぶりの再戦だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集