[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、あのボンズをも超える「108」の可能性 米全国紙「驚異的だ。史上3番目に位置する」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は移籍1年目のシーズンの約4分の1を終え、MLB全体トップの打率をマークするなど、各部門でハイアベレージを残している。その中で米紙は大谷の本塁打、長打数に注目。「歴史的なペースを継続できるか」と題し、自身の記録どころか偉人たちの数字に肩を並べる勢いで、リーグ記録の更新の可能性を指摘している。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

米紙が本塁打以外に注目した驚異の数字

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は移籍1年目のシーズンの約4分の1を終え、MLB全体トップの打率をマークするなど、各部門でハイアベレージを残している。その中で米紙は大谷の本塁打、長打数に注目。「歴史的なペースを継続できるか」と題し、自身の記録どころか偉人たちの数字に肩を並べる勢いで、リーグ記録の更新の可能性を指摘している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大谷は8日(日本時間9日)終了時点で、打率(.355)、安打(54)、二塁打(14)、長打率(.678)、OPS(1.103)、長打(26)、塁打(103)の7項目でメジャー1位の数字をマーク。驚異の記録を残してきている。序盤こそなかなか本塁打が出なかったが、勢いがついてからの活躍は特にすさまじい。

 米紙「USAトゥデー」は「MLBが1/4を終えて:ショウヘイ・オオタニは歴史的なペースを継続できるか」との見出しで、ここまでの数字と今後を予想する記事を掲載。中でも、本塁打と塁打に注目した。

 同紙が計算したペースは「46本塁打、108長打」。本文では「ドジャースの一員として、最初の8試合で本塁打が出なかったものの、オオタニはMVPを獲得した2021年のキャリア最多に並ぶ年間46本塁打ペースで来ている」としつつも「この記録は破られようとしている。気温は上昇し、オオタニの新天地での快適度も増すばかり。元通訳の賭博スキャンダルからも遠ざかるのみだ」と、毎年好調の夏場を控える状況での数字とあって、記録更新の期待を寄せている。

 一方で同紙は「しかし、長打数こそ驚異的だ」と注目。「ベーブ・ルースは1921年に152試合で119本放ち記録を打ち立てた。100本以上の長打が生まれたシーズンは過去に13季しかなく、そのうち8季は1937年以前のものだ。1948年以降に生まれた5つは“ステロイド時代”のものだった」と、近年における記録の希少性を記している。

 長打数のここまでのペースは「ルース、ルー・ゲーリックに次ぐ史上3番目に位置することになる。そしてバリー・ボンズのナ・リーグ記録107本を更新することになるのだ」とも指摘。凄まじいインパクトを残す大谷の打撃が、新たな年間記録を作るか注目される。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集