[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本バスケ史に名を刻んだ“キング” 敵地に舞った207cmの巨体、「一生の思い出」で現役生活に幕

バスケットボールB1リーグはレギュラーシーズン最終節を迎え、川崎ブレイブサンダースは4日と5日に横浜BUNTAIで行われた横浜ビー・コルセアーズとの“神奈川ダービー”に臨んだ。4日の第1戦に98-92で勝利した川崎だが、他会場の結果によってチャンピオンシップ(CS)出場の可能性が消滅。今季での引退を宣言していた元日本代表ニック・ファジーカスにとって、5日の第2戦が現役ラストゲームとなった。

現役ラストゲームを終え河村勇輝から花束を受け取ったファジーカス(左)。コートを去る際には敵地・横浜BUNTAIが惜別の拍手に包まれた【写真:B.LEAGUE】
現役ラストゲームを終え河村勇輝から花束を受け取ったファジーカス(左)。コートを去る際には敵地・横浜BUNTAIが惜別の拍手に包まれた【写真:B.LEAGUE】

元日本代表ニック・ファジーカス、横浜BC戦でキャリアに終止符

 バスケットボールB1リーグはレギュラーシーズン最終節を迎え、川崎ブレイブサンダースは4日と5日に横浜BUNTAIで行われた横浜ビー・コルセアーズとの“神奈川ダービー”に臨んだ。4日の第1戦に98-92で勝利した川崎だが、他会場の結果によってチャンピオンシップ(CS)出場の可能性が消滅。今季での引退を宣言していた元日本代表ニック・ファジーカスにとって、5日の第2戦が現役ラストゲームとなった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 川崎がBリーグでのCSを逃すのは8シーズン目にして初。クラブの歴史上、川崎の前身となる東芝がJBLの2011-12にポストシーズンを逃して以来の出来事だった。ファジーカスが東芝に加入した2012-13シーズン以来、ブレイブサンダースは常にポストシーズンに駒を進めていただけに、彼自身にとっても、最後の瞬間がよもやの形になったことを隠さない。

「(日本での)12年間のキャリアで、何も懸かっていない試合は初めてだったので、いつも通りの集中力があったかと言われれば、なかったのかもしれない。(CSを逃した状況下で)しっかりとパフォーマンスを見せなくてはいけないというのは少ししんどい部分もありました。最後のシーズンがこのような形で終わるとは思っていませんでしたし、残念な結果だったと思っています」

 それでも試合では“川崎のキング”と呼ばれたファジーカスが、自らの代名詞とした3ポイントシュートとパスワークを武器に川崎のオフェンスを牽引。10得点8リバウンド5アシストと見せ場を随所に作る。B1史上初となる通算4500リバウンドも獲得したが、試合は川崎が劣勢に立たされたまま進む。現役最後の瞬間が近づいていく様子を、ファジーカス自身も感じ取っていた。

「5000人近くのファンの前でプレーできたことも素晴らしかったですし、ここまでのキャリアを思い返すような瞬間だったと思います。今までチームの中で最も注目され、マークされる選手としてリーグを牽引してきたとは思いますが、衰えたはずの僕の勇姿を見にきてくださったことは、感情的にもなりますし、感謝もしたいです」

「衰えたはず」という本人の言葉は、にわかには信じがたいが、ラストシーズンのファジーカスの成績は、これまで敵味方を問わず、バスケットボールファンが味わってきた得点能力を考えれば、少々物足りない部分も見られた。今季の1試合平均15.9得点、8.7リバウンドはいずれもBリーグでの自己最低の数値。シーズン中盤の1月に負傷したこともあり、Bリーグ開幕以降で最多となる12試合を欠場するなど、明らかにこれまでとは違う戦いでもあった。

「引退による酷な部分として、引退する年というのは、自分にとって一番良くない年になってしまうと思っています。今まで積み上げてきたもののすべてをつぎ込んだとしても、時の流れには勝てないというのが現実だと思います。ここまで自分自身がやってきたように、オフシーズンに体重を落として、コンディションを上げて来季に備えることもできたとは思いますが、絶対に今季より良い結果が出るとは思えない。引退すると決めた時から、飲み込みがたい事実ではありましたが、『今までよりも最高峰の自分を見せられない』というのは、一番厳しい部分だったのかなと思いました」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集