[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今年58歳、井上尚弥の34年前に東京Dで戦った男のパンチ力が衝撃的 海外からは「危険」の声

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日に行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。東京ドームでのボクシング興行は34年ぶり。そこで戦った元世界ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)は57歳になったが、未だにパワーは健在だ。パンチを見た海外ファンから「今でも最も危険な男」「日に日に速くなっている」と驚きの声が書き込まれている。

マイク・タイソン【写真:ロイター】
マイク・タイソン【写真:ロイター】

34年前にジェームス・ダグラスと対戦

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日に行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。東京ドームでのボクシング興行は34年ぶり。そこで戦った元世界ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)は57歳になったが、未だにパワーは健在だ。パンチを見た海外ファンから「今でも最も危険な男」「日に日に速くなっている」と驚きの声が書き込まれている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 井上がネリをぶっ倒した東京ドーム興行から34年前。当時のリングに立っていたのがタイソン氏だ。57歳になった今もトレーニング映像を公開しているが、常人離れしたパワーは変わらない。

 ミットと防具をつけたトレーナーを相手に、猛ラッシュ。重たそうなパンチを次々と繰り出し、物凄い圧力でコーナーに追い詰めている。今年6月に58歳を迎えるが、まともに当たればひとたまりもなさそうだ。

 井上戦から2日が経過した日本時間8日、自身のインスタグラムに動画を投稿したタイソン氏。海外ファンからは「真のボクシング史上、最も偉大な選手。マイク・ザ・キング」「パワーはまだ健在。カーディオが大丈夫だといいが…」「レッツゴー、チャンプ!」「アイアン・マイク」「今でも最も危険な男」「日に日に速くなっている」などと驚きの声が上がった。

 タイソンは1990年に東京ドームでジェームス・ダグラスと対戦。圧倒的優位とみられていたが、まさかの10回KO負けを喫したことで驚きを呼んだ。7月にはお騒がせYouTuberとしても知られるプロボクサーのジェイクポールと対戦するが、コメント欄には「ジェイク・ポールが勝ったら、ボクシングを見るのをやめるよ」「ジェイク・ポールの死のボタン」「逃げることはできても隠れることはできないよ。@ジェイク・ポール」「きっと簡単にKOするね」などと記されていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集