[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、103年更新されていない「457」まで視野 伝説のアンタッチャブルレコード到達に期待

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾でメジャー単独トップに浮上。3打数2安打2打点、1四球2盗塁の活躍で6-3の勝利に貢献した。5月も記録的な活躍が続いており、このペースであれば103年前に生まれた伝説ベーブ・ルースの記録更新まで視野に入るほどだ。

ドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
ドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

打者専念の大谷、記録的な爆発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾でメジャー単独トップに浮上。3打数2安打2打点、1四球2盗塁の活躍で6-3の勝利に貢献した。5月も記録的な活躍が続いており、このペースであれば103年前に生まれた伝説ベーブ・ルースの記録更新まで視野に入るほどだ。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 マーリンズ戦の初回無死一塁。大谷は第1打席で、相手先発ムニョスの速球をはじき返した。大歓声の中、豪快な打球は中越えの11号2ランに。前日のブレーブス戦で2本塁打を放ち、両リーグ最多タイの10号に到達していたが、これでメジャー単独トップになった。

 大谷は54安打、14二塁打、11本塁打、打率.370、長打率.705、OPS1.139、長打26、塁打103、ISO(長打力を測る指標).336などでメジャートップ。5月に入って出場した4試合で15打数10安打、4本塁打、8打点。打率.667、OPS2.189という大爆発ぶりだ。

 このペースで打ちまくるのは容易いことではないが、仮に続けば伝説の記録を更新できる勢いだ。まずはシーズンの塁打数。大谷は「463」のペースだが、MLB記録は1921年にルースが生んだ「457」。103年間破られていないアンタッチャブルレコードに、手が届くほどのペースになっている。

 ちなみに長打を年間ペースにすると、大谷は現在「117」。こちらもメジャー記録はルースが1921年にマークしているが、「119」で僅かに届かない。しかし、3位の2001年バリー・ボンズの「107」には届く勢いになる。ボンズはこの年、73本塁打を放っている。

 繰り返しになるが、年間通じてこの数字を残し続けるのは簡単ではない。それでも前人未到の活躍を続ける大谷なら……夢を見させるだけの可能性を秘めている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集