[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「理不尽なパフォーマンス」「これが7億ドルの理由」 105年で5人目、大谷爆発に敵も味方もなし

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地ブレーブス戦に「2番・DH」で先発出場し、今季初の1試合2本塁打、4安打の活躍で5-1の勝利に貢献した。優勝候補の筆頭に挙げられる強敵ブレーブスに3連勝。大谷は3試合で12打数8安打3本塁打と大暴れだった。両リーグトップの打率.364、同トップタイの10本塁打など活躍する大谷に、米メディアからはこぞって絶賛が集まった。

ブレーブス戦で本塁打を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
ブレーブス戦で本塁打を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

ブレーブス3連戦で大暴れ

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地ブレーブス戦に「2番・DH」で先発出場し、今季初の1試合2本塁打、4安打の活躍で5-1の勝利に貢献した。優勝候補の筆頭に挙げられる強敵ブレーブスに3連勝。大谷は3試合で12打数8安打3本塁打と大暴れだった。両リーグトップの打率.364、同トップタイの10本塁打など活躍する大谷に、米メディアからはこぞって絶賛が集まった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大谷はブレーブスとの3連戦の初戦で、1点を追う延長10回1死二塁から起死回生の同点タイムリー。盗塁も2つ決めると、2戦目では今季8号ソロを放ち、デーブ・ロバーツ監督と並んでいた日本出身選手としてのチーム本塁打記録(7本)を更新。5打数3安打2打点の躍動に続き、3戦目では初回にいきなり中越えの9号2ランを放った。さらに8回には飛距離141メートルの特大10号。4打数4安打の爆発で、強豪ブレーブス相手のスイープに大きく貢献した。

 この3連戦では8安打、6打点、5得点、3本塁打、2盗塁をマーク。スポーツのデータやニュースを提供する米スポーツメディア「オプタスタッツ」公式Xによると、この数字を3連戦で達成したのは1920年に打点が公式スタッツとなって以来、105年間で5人目。2010年のチュ・シンス(秋信守)、1990年のバリー・ボンズらに続いたという。

 米メディアも当然この躍動ぶりには絶賛を贈る。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「「ショウヘイ・オオタニは、異なる10月というドジャースの大いなる夢を持っている」と題し、ナショナル・スポーツ・メディア協会の殿堂入りを果たしている同紙コラムニストのビル・プラシュケ氏のコラムを掲載した。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集