[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本ファンのマナーは素晴らしかった」 23年韓国女王、初の日本ツアー終え清々しく感謝

女子ゴルフの国内メジャー・ワールドレディスサロンパス杯は5日、茨城GC東C(6665ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た2023年韓国ツアー賞金女王のイ・イェウォン(韓国)は3バーディー、7ボギーの76で回り、通算6アンダーで3位だった。母国で「パーフェクトバニー」と称される21歳。まさかの自滅となったが、最後は日本のギャラリーに感謝を示した。

韓国のイ・イェウォン【写真:Getty Images】
韓国のイ・イェウォン【写真:Getty Images】

ワールドレディスサロンパス杯最終日

 女子ゴルフの国内メジャー・ワールドレディスサロンパス杯は5日、茨城GC東C(6665ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た2023年韓国ツアー賞金女王のイ・イェウォン(韓国)は3バーディー、7ボギーの76で回り、通算6アンダーで3位だった。母国で「パーフェクトバニー」と称される21歳。まさかの自滅となったが、最後は日本のギャラリーに感謝を示した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 日本の年間女王・山下美夢有との最終組。ギャラリーは“日韓女王対決”の展開を見守った。

 イェウォンは早速、1番パー5で5メートルのバーディーパットを沈めた。それでも、喜ぶのは一瞬。キャディーとグータッチした後は、グリーン上から2番パー3のティーグラウンドを見つめた。

 だが、2番を3パットのボギーにした後は、ショットが乱れ始めた。7番パー4からは、3ホール連続でグリーンオーバー。ボギーにした9番パー5で山下に追いつかれ、10番パー4のボギーで首位を明け渡した。

「風が強くて、計算が上手くできませんでした」

 初の日本ツアー参戦でいきなり最終日最終組。それでも「プレッシャーはありませんでした。初出場だったので学んでいこうと思って挑みました」と振り返った。終始、淡々とプレー。最後は力尽きたが、ラウンド後は清々しい表情で言った。

「山下選手のことはどんなプレーをするか気になっていました。得意なところ、勉強できるところを見ていましたが、風の攻略が上手でした」

 8歳でゴルフを始め、21年にプロ転向した21歳。昨季の韓国ツアーでは3勝を挙げて賞金女王を獲得し、KLPGA大賞、平均ストローク1位と合わせ3冠に輝いた。今大会で、日本のゴルフファンにもインパクトを残した。

「日本のファンはとても熱心で、マナーも素晴らしかったです。資格があったらまた挑戦したいです」

 この大会、優勝は母国アマのリ・ヒョソン。15歳176日で日本ツアー最年少優勝を飾った。イェウォンは「アマチュアでトップレベルだとは承知の上だった」とクールにコメント。最後まで「悔しい」とは口にせず、コースを後にした。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集