[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3着フォーエバーヤング不利の一因、3度接触した2着馬騎手「真っすぐキープするのが大変だった」

米競馬の第150回G1ケンタッキーダービー(ダート2000メートル、20頭立て=2頭取り消し)が4日(日本時間5日)、チャーチルダウンズ競馬場で行われ、フォーエバーヤング(牡3、栗東・矢作)は直線追い込んで日本馬歴代最高の3着。日本馬初の快挙にあと一歩だった。ハナ差2着となったシエラレオーネとは、直線で馬体を寄せながら激しいたたき合い。2着馬の騎手は「真っすぐにキープするのが大変」と振り返った。

ケンタッキーダービーで3着だったフォーエバーヤング(中央)【写真:Getty Images】
ケンタッキーダービーで3着だったフォーエバーヤング(中央)【写真:Getty Images】

米ケンタッキーダービー

 米競馬の第150回G1ケンタッキーダービー(ダート2000メートル、20頭立て=2頭取り消し)が4日(日本時間5日)、チャーチルダウンズ競馬場で行われ、フォーエバーヤング(牡3、栗東・矢作)は直線追い込んで日本馬歴代最高の3着。日本馬初の快挙にあと一歩だった。ハナ差2着となったシエラレオーネとは、直線で馬体を寄せながら激しいたたき合い。2着馬の騎手は「真っすぐにキープするのが大変」と振り返った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 11番枠のフォーエバーヤングは、出負けして中団の馬群でレースを展開。それでも3、4コーナーから外を回って上位に進出し、直線入り口では先団を射程圏にとらえた。外のシエラレオーネと激しく馬体をぶつけながらの叩き合いでグングン伸び、先に抜け出したミスティックダンとほとんど3頭並んだところでゴール。ミスティックダンが1着、シエラレオーネが2着。フォーエバーヤングはわずかに届かず3着だった。

 この叩き合いの中でシエラレオーネがフォーエバーヤングの馬体に接触し、2着に惜敗。フォーエバーヤングにとっては不利があったとの見方もできる中、特派員とて競馬を取材するスポーツジャーナリストのJJ・ハイセル氏は自身のX(旧ツイッター)で、シエラレオーネの鞍上タイラー・ガファリオン騎手のコメントを伝えている。

「今日は行きたがっていたので、それが少し難しかった。彼を真っすぐにキープするのが大変で、それが間違いなく影響した。非常に反応が良く、何でもできるけど、それで集中力が落ちてしまう」

 馬が前に行きたがり、真っすぐ走らせるのが大変だったようだ。米放送局「ABC」は「シエラレオーネはフォーエバーヤングに3度ぶつかったが、坂井瑠星騎手は不利を主張しなかった」と伝えている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集