[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季6度予選落ちの菅沼菜々が好発進 同組アン・シネに「私にない大人っぽい雰囲気。いい匂い」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が2日、茨城GC東C(6665ヤード、パー72)で開幕し、ツアー通算2勝の菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)が1バーディー、ボギーなしの71で回り、1アンダーでホールアウトした。今季は前週まで出場8試合で予選落ち6回と調子が上がってこないが、オフに痛めた右膝をかばうスイングをしていたことに気付き、ショットが復調してきたという。

ワールドレディスサロンパス杯に出場している菅沼菜々【写真:Getty Images】
ワールドレディスサロンパス杯に出場している菅沼菜々【写真:Getty Images】

ワールドレディスサロンパス杯初日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が2日、茨城GC東C(6665ヤード、パー72)で開幕し、ツアー通算2勝の菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)が1バーディー、ボギーなしの71で回り、1アンダーでホールアウトした。今季は前週まで出場8試合で予選落ち6回と調子が上がってこないが、オフに痛めた右膝をかばうスイングをしていたことに気付き、ショットが復調してきたという。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 最終9番パー5。菅沼は1メートルのパーパットを慎重にストロークして沈めてボールを拾うと、大勢のギャラリーに向けてほほ笑んだ。同組のアン・シネ(韓国)とはハグ。直後から楽しそうに話し込んだ。

「私にはない大人っぽい雰囲気がある方でした。凄かったです。いい匂いがするし。明日も一緒に回れて嬉しいです」

 この日は笑顔で終えたが、今季は苦しい日々が続いている。出場5試合目の富士フイルム・スタジオアリス女子オープンで初めて予選を通過。「オフにスイングをフェード一辺倒にしようとしたのが良くなかった。今週は球筋を考えずに打ったのが良かった」と振り返ったが、翌々週のフジサンケイレディスと前週のパナソニックオープンレディースで2週連続予選落ち。その中で一つの気付きがあったという。

「2月に右膝を痛めた時期があって、それをかばうスイングになっていました。なので、アドレスから下半身に重心を入れたり、開いていたスタンスを修正しました」

 結果、ティーショットが安定。ピンチらしいピンチもなく、硬く速いグリーンのセッティングでもボギーを打たずに回り切った。

「5、6個はボギーが出ると思っていました。そのスタート前の思いがいい方向に出た感じです。ただ、このコースは気を抜いたらすぐにボギーが出るので、ドツボに入らないように気を付けます」

 以前から公表する「広場恐怖症」により、公共交通機関を利用できない菅沼は、シーズン開幕戦のダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)に続き、9月のメジャー大会・ソニー日本女子プロ選手権(沖縄・かねひで喜瀬CC)も出場できない。それだけに貴重な出場機会。復調の兆しが見える中で初のメジャー制覇を狙っていく。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集