[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今永昇太が無傷の5勝目! 7回3安打0封で「防御率0.78」はMLB1位、9回2死からリプレー検証でヒヤヒヤ白星

米大リーグ・カブスの今永昇太投手が1日(日本時間2日)、敵地メッツ戦に先発し、7回3安打無失点、7奪三振1四球で無傷のデビュー5勝目を挙げた。驚異の防御率0.78はMLB全体トップに浮上。1-0の勝利に導く快投だった。

メッツ戦に先発したカブスの今永昇太【写真:ロイター】
メッツ戦に先発したカブスの今永昇太【写真:ロイター】

今永昇太が先発

 米大リーグ・カブスの今永昇太投手が1日(日本時間2日)、敵地メッツ戦に先発し、7回3安打無失点、7奪三振1四球で無傷のデビュー5勝目を挙げた。驚異の防御率0.78はMLB全体トップに浮上。1-0の勝利に導く快投だった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 今永がまたもゼロを並べた。初回を三者凡退でスタートすると、2回1死一、二塁のピンチは遊ゴロ併殺打。4回にはピート・アロンソ、J.D.マルティネスの強打者を2者連続で空振り三振に仕留めた。7回先頭ではアロンソの一塁方向へ転がったボテボテの当たりにダイビング。グラブトスでアウトを奪った。援護は5回の犠飛による1点のみだが、散発3安打の無失点だった。

 最後には勝ち投手の権利が消えかけた。1-0で守る9回1死二、三塁で相手打者が左飛。タッチアップした三塁走者はギリギリのタイミングで本塁に突っ込んだ。一度はタッチアウトの判定で試合終了かと思われたが、リプレー検証へ。それでも判定は覆ることなく、ヒヤヒヤさせながらもカブスが勝利をもぎ取った。

 この試合で規定投球回に到達。防御率0.78は2位で1.32のレンジャー・スアレス(フィリーズ)を上回るMLB全体トップに浮上した。

 MLB公式サイトのサラ・ラングス記者のXによると、自責点が公式記録になった1913年以降では「オープナーを除くデビューから6先発の最低防御率」で両リーグ歴代4位の好記録という。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集