[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に敗戦フルトンが6.15再起戦決定 「もっと良く戦えた。井上は素晴らしく…」 米報道

ボクシングの元WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)が6月15日(日本時間同16日)に再起戦を行うことが明らかになった。4月30日(日本時間5月1日)に米専門誌「ザ・リング」が報道。昨年7月に井上尚弥(大橋)に敗れて以来の試合となる29歳は、「もっと良く戦えたはずだ」と語っている。

スティーブン・フルトン【写真:荒川祐史】
スティーブン・フルトン【写真:荒川祐史】

フルトンが再起

 ボクシングの元WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)が6月15日(日本時間同16日)に再起戦を行うことが明らかになった。4月30日(日本時間5月1日)に米専門誌「ザ・リング」が報道。昨年7月に井上尚弥(大橋)に敗れて以来の試合となる29歳は、「もっと良く戦えたはずだ」と語っている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 リング誌によると、ラスベガスにて階級はフェザー級。WBA世界同級2位のフルトンは、同級6位ルイス・ヌニェス(ドミニカ共和国)と対戦する。6月1日に試合を控えるWBA世界同級王者レイモンド・フォード(米国)が防衛に成功すれば、王座を返上する見込みとのこと。返上すればフルトン―ヌニェス戦が王座決定戦に昇格する可能性もあるという。

 フルトンは昨年7月に井上に8回TKO負け。9月に練習を再開した。リング誌は前王者の談話を紹介。「俺はイノウエから何も奪わない」と井上を“ディスる”つもりはないことを強調したうえで、敗戦について「打ちたいように打てなかった。彼は正々堂々と勝っていた。彼は素晴らしいボクサーで、俺にチャンスを与えてくれた。もっと良く戦えたはずだったから、自分自身に腹が立っているだけ」と悔しさを明かしている。

 さら「今年は俺にとって大きな年になる。今年は3度の世界チャンピオンになるつもりだ」とスーパーバンタム級で就いた2団体の王座に続く世界戴冠を宣言。「6月15日に始まる。これが俺が言われたことだ。待ちきれない。俺を止められるのは俺だけだ」「俺は落ち着かない場所に足を踏み入れて、再び一生懸命に取り組む準備はできている」と覚悟を見せている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集