[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「ものすごく失望したよ」 ライバル球団の放送席が打席でボヤいたわけ「ショーが街に」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地フェニックスで行われたダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発出場。4打数2安打1打点で5試合ぶりのマルチ安打を記録し、打率を.341とした。今季初見参となる敵地で、放送席は第1打席に放った安打に注目。自打球で痛がった直後に放った打球が「たったの102マイル」だったと、冗談めかして驚いている。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

今季初見参のフェニックス、敵放送席の話題も大谷一色

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地フェニックスで行われたダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発出場。4打数2安打1打点で5試合ぶりのマルチ安打を記録し、打率を.341とした。今季初見参となる敵地で、放送席は第1打席に放った安打に注目。自打球で痛がった直後に放った打球が「たったの102マイル」だったと、冗談めかして驚いている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大谷は初回の第1打席で中前打を放った。左腕のヘンリーに対しフルカウントからの7球目、外角低めのカーブにうまくバットを合わせた。バットの先だったが超速の打球が投手へ一直線。ヘンリーはギリギリのところで避け、ボールは中前に抜けていった。打球速度は時速102マイル(約164.2)キロだった。

 MLB公式のダイヤモンドバックス側放送席で解説を務めるボブ・ブレンリー氏は「外角低めの隅に投げたカーブだったのに、彼は芯で捉えて二遊間を抜いてしまいました」とバットコントロールのうまさに驚き、実況のスティーブ・ベルティオーム氏は「“たったの”102マイルだったので、バットの当たり所が悪かったんでしょうかね」と冗談めかし、まるであきれたかのような言葉を並べた。

 最近の大谷は27日(日本時間28日)のブルージェイズ戦で自己最速を更新する打球速度119.2マイル(約192キロ)を計測したように、打球速度が注目を集めていたためだ。

 実はこの打席、大谷は自打球を左腰付近に当て、声を上げて痛そうな様子を見せていた。ここでベルティオーム氏は「おっと、ショウヘイは傷めたかもしれません」と声を上げ、ブレンリー氏は「交代させるべきだ。ハッハッハッ」。ベルティオーム氏は再び「少なくとも2、3日はお休みだ」と交代を期待するかのような声を上げていた。

 更に打席前にはベルティオーム氏が「ショウヘイのショーが街へやってきました」。ブレンリー氏も「今日、彼がフィールド上で打撃練習をしてくれなかったから、ものすごく失望したよ」と話題にしていた。両チームは、昨秋のプレーオフでも戦った同地区のライバル。相手チームからも注目を集める大谷の存在感が際立っていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集