[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

得点圏の大谷に「理解できない」の声→即座にかき消すタイムリー ただじゃ終わらない流石の打撃

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地フェニックスで行われたダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発出場。4打数2安打1打点1四球で、8-4で勝ったチームに貢献した。得点圏打率.194。苦戦気味であることに、試合中から米記者が困惑の声を上げていたが、最終打席ではきっちり得点圏でタイムリーを放って見せた。

ドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
ドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地フェニックスで行われたダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発出場。4打数2安打1打点1四球で、8-4で勝ったチームに貢献した。得点圏打率.194。苦戦気味であることに、試合中から米記者が困惑の声を上げていたが、最終打席ではきっちり得点圏でタイムリーを放って見せた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 2回1死満塁で迎えた第2打席。大谷は初球に手を出し、二ゴロ併殺に倒れた。左腕ヘンリーの緩いカーブに反応したものの、チャンスを生かせなかった。簡単にチャンスをつぶしてしまった形となったからか、X(旧ツイッター)上では米記者たちが困惑を隠せなかった。

 米カリフォルニア州の地元ラジオ局「ESPNロサンゼルス」でドジャース番を務めるブレイク・ハリス記者は「ショウヘイ・オオタニが今季、得点圏での打撃が散々な理由が全くもって理解ができない」と反応。米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のビル・プランケット記者も「満塁でのショウヘイ・オオタニ―併殺ゴロ」と結果を速報し、「オオタニは得点圏での打席35度のうち、安打は6度」と伝えていた。

 プランケット記者は「ドジャースは今季、満塁の状況28度のうち、安打は4度(打率.143)」と、ドジャース打線自体が満塁時の打率が低いことも伝えていた。しかし、こうした声も上がる中で大谷もただでは終わらなかった。8回無死一、二塁の第5打席では4番手左腕アレンの2球目、90.5マイル(約145.6キロ)の高めカットボールをとらえた。打球速度107.7マイル(約173.3キロ)の適時打で、8-4とリードを広げるダメ押し点を叩きだした。

 本来はチャンスに弱くない大谷。打率.341、OPS1.041と数字は残しているだけに、このまま活躍を続ければ自然と得点圏の結果もついてくるはずだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集