[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5.6東京D興行で場外舌戦「ムカついた」 八重樫氏、王者陣営の「トレーナーも研究」にチクリ

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)が30日、5月6日に東京Dで行われる同級5位・武居由樹(大橋)との2度目の防衛戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。会見では担当トレーナーが武居を指導する元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーのことまで研究済みだと明かし、場外舌戦を繰り広げる場面もあった。戦績は33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗、世界初挑戦で27歳の武居が8勝(8KO)。

会見でコメントするジェイソン・マロニー【写真:浜田洋平】
会見でコメントするジェイソン・マロニー【写真:浜田洋平】

武居由樹と防衛戦マロニーが練習公開

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)が30日、5月6日に東京Dで行われる同級5位・武居由樹(大橋)との2度目の防衛戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。会見では担当トレーナーが武居を指導する元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーのことまで研究済みだと明かし、場外舌戦を繰り広げる場面もあった。戦績は33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗、世界初挑戦で27歳の武居が8勝(8KO)。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 王者陣営が先制口撃に出た。マロニーとアンジェロ・ハイダー・トレーナー、トニ・トージマネージャーが練習前に会見。マロニーは「日本で試合の機会を与えてくださりありがとうございます。巨大なイベントに参加できて嬉しいです」と終始優等生だったが、トレーナーは違った。わずか1メートル前に座る八重樫氏を横目に「タケイのトレーナーのことも勉強した」とチクリ。こう続けた。

「マロニーの弟が今度ゲバラと試合をするから、ゲバラの試合もチェックした」

 マロニーの双子の弟・アンドリューは12日にWBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦で同級6位ペドロ・ゲバラと対戦。そのゲバラと戦ったことがあるのが八重樫氏だった。2014年12月のWBC世界ライトフライ級王座決定戦で7回KO負けした苦い記憶を突きつけられた八重樫氏は、公開練習後に取材に応じ「何ですかあれは?」と相手陣営の発言に苦笑いした。

「悪口ですか?(笑) まさか自分の名前を出されるとは。ちょっとムカつきました。左ボディーで倒れているので。何かしら繋がりがあるものですね」

 大橋秀行会長は「少し油断しているのでは。そこはよかった」と指摘した。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集