[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、MLBの戦後最速記録を樹立 わずか28試合で22長打…125年間でドジャース最速

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手が、またひとつ球団記録を打ち立てた。26日(日本時間27日)に敵地トロントで行われたブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席で今季7号ソロを放った。今季22本目の長打で、これは1900年以降ドジャースの選手がシーズン開始からの28試合で放った長打数として最多だというのだ。

ブルージェイズ戦、7号を放つドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
ブルージェイズ戦、7号を放つドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

長打が単打よりも多い異常な成績を記録中

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手が、またひとつ球団記録を打ち立てた。26日(日本時間27日)に敵地トロントで行われたブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席で今季7号ソロを放った。今季22本目の長打で、これは1900年以降ドジャースの選手がシーズン開始からの28試合で放った長打数として最多だというのだ。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 今季の大谷は長打の量産が目立つ。これは放った安打から単打を除いた数字で、大谷はこの本塁打で今季40安打のうち二塁打が14本、三塁打が1本、本塁打が7本。長打は22本に及び、単打よりも多いという異常な割合を記録している。

 カナダのスポーツメディア「TSN」のデータ専門アカウント「スタッツセンター」がX(旧ツイッター)で、「1900年以降、ドジャースの選手が最初の28試合で残した長打」というランキングを発表。大谷の22本がトップで、2015年にエイドリアン・ゴンザレスが記録した21本を超えたとしている。

 また、MLB公式のサラ・ラングス記者は自身のXで、1901年以降の開幕28試合時点での長打数ランキングを発表。トップは1936年のジョー・ディマジオ(ヤンキース)で25本、2位は1926年のハック・ウィルソン(カブス)と1925年のマンディ・ブルックス(カブス)で23本。大谷は彼らに続く4位で、戦後最速となる。

 序盤の大谷はなかなか本塁打が出ず話題となったが、最高のスタートダッシュを決めたと言えそうだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集