[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のブーイング一蹴7号にドジャース公式まで皮肉 「Booooooom.観客はそう言ったよね?」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席はブーイングで迎えられたが、いきなり7号ソロを放った。相手はオフに移籍先の最終候補に挙がり、ドジャース入団発表前には“怪情報”が飛び交ったトロント。結局、入団しなかった“因縁”のある敵地のファンがどんな反応を見せるか注目の一つだった。

ブルージェイズ戦、7号を放ちベンチで祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
ブルージェイズ戦、7号を放ちベンチで祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が「2番・DH」で先発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席はブーイングで迎えられたが、いきなり7号ソロを放った。相手はオフに移籍先の最終候補に挙がり、ドジャース入団発表前には“怪情報”が飛び交ったトロント。結局、入団しなかった“因縁”のある敵地のファンがどんな反応を見せるか注目の一つだった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 これぞスーパースターだ。0-0の初回1死。大谷は珍しく強いブーイングで迎えられた。しかし、直後に右越えの先制ソロ。敵地の声をお構いなしにかき消した。騒然とする中、ダイヤモンドを一周。日本生まれ選手の球団最多記録を持つデーブ・ロバーツ監督の7本に並び、年間40発ペースに。貫禄を見せつけた。

 ドジャース公式Xは「Booooooooom」と記した後に、「観客はそう言ったよね?」と皮肉を込めて投稿した。大谷は1-0の3回無死一塁で回ってきた第2打席でもブーイング。四球を選び、味方の連打で生還した。

 昨年12月、大谷がインスタグラムでドジャース入団を報告する前日、X上ではブルージェイズの本拠地トロントに大谷が向かうとの憶測が広がった。ロサンゼルス発のプライベートジェットのフライトレーダーを数千人が見守るなど騒然とした雰囲気に。しかし、実際は大谷がトロント入りした事実はなく、デマに終わり、米記者も“誤報”を謝罪するなどネット上は大混乱だった。

 大谷は4月24日(同25日)に現地で取材対応。当時の騒動について「行った、行かないに関しては正直、自分もビックリしたので、そこはファンの人と同じ心境でその時はいましたけど、実際に話もさせてもらって素晴らしい球団だなと思った。ファンの人も含めて自分は凄く好きですし、行くこと自体はとても楽しみにしている」と語っていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集