[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5年前の同僚・山本由伸に「ワクワクするね」 対戦実現で2安打、ナショナルズ選手が活躍断言

米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は25日(日本時間26日)、敵地ナショナルズ戦で今季6度目の先発登板。6回4安打無失点、7奪三振1四球の好投でメジャー2勝目をマークした。チームは2-1で勝利。2019年に日本でチームメイトだったジョーイ・メネセスとの対戦も実現し、メネセスは「彼が活躍することは分かっている」と称賛していた。

ナショナルズ戦で先発登板したドジャースの山本由伸【写真:ロイター】
ナショナルズ戦で先発登板したドジャースの山本由伸【写真:ロイター】

ナショナルズ戦に先発登板

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は25日(日本時間26日)、敵地ナショナルズ戦で今季6度目の先発登板。6回4安打無失点、7奪三振1四球の好投でメジャー2勝目をマークした。チームは2-1で勝利。2019年に日本でチームメイトだったジョーイ・メネセスとの対戦も実現し、メネセスは「彼が活躍することは分かっている」と称賛していた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 初対戦は0-0の初回2死走者なし。山本が3球でカウント1-2と追い込むも、ファウルで粘られてボールも重なりフルカウントに。8球目の97マイル(約156キロ)直球は低めの際どいコースも球審は三振のコール。メネセスは納得できない様子だった。しかし4回第2打席では低めのカーブをメネセスが左翼線へ弾き返して二塁打に。6回の第3打席でも、しぶとく二遊間を抜いて安打にした。

 試合前のロッカールームで取材に応じたメネセス。対戦については「ワクワクするね。最高の投手の一人だから」と頬を緩めて心待ちにしていた。山本の強みは「良い変化球を持っている。スプリットにカーブ。それにストレートもいい」と分析。「今はMLBに適応中だと思うけど、彼は良い球を持っているよね」と語った。

 自身がバファローズでプレーしたのは5年前。同じく米国へやってきた山本の投球については「見ていて変化は特に感じない」と説明。「でも、選手として、僕も日本に移籍した時は慣れるのに時間がかかった」と自身の経験を明かしたうえで、「彼がMLBで活躍することは分かっている」と迷いなく断言していた。

 メネセスはこの日、4打数3安打1打点と、7安打に終わったチームで一人気を吐いた。山本は6日(同7日)のカブス戦以来となる2勝目。直近2登板では計11イニングで7失点と苦しんでいたが、メジャー3度目の0封で、防御率も3.54となった。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集