[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

凡打なのに敵将は仰天「どうやったのか…」 大谷を併殺に仕留めた一塁手得意げ「来るのは分かっていた」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で出場。3本の二塁打を含む、6打数3安打2打点の大活躍で11-2の勝利に貢献した。2回には強烈な打球を放つも、一塁手が好捕してダブルプレーに。この場面について、ナショナルズ監督は「どうやって捕球したのか分からない」と驚きを隠せない様子だった。

敵地ナショナルズ戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地ナショナルズ戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ナショナルズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で出場。3本の二塁打を含む、6打数3安打2打点の大活躍で11-2の勝利に貢献した。2回には強烈な打球を放つも、一塁手が好捕してダブルプレーに。この場面について、ナショナルズ監督は「どうやって捕球したのか分からない」と驚きを隠せない様子だった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 強烈な打球を連発した大谷。3-0の2回1死一塁の場面では、相手先発アービンの3球目を打ち返した。打球速度96.6マイル(約155.5キロ)の打球がトレイ・リップスコーム一塁手を強襲。しかし、ショートバウンドで上手く捕球すると二塁に送球。打球が速かったため、俊足の大谷でも間に合わずダブルプレーが完成した。

 試合後の会見で、ナショナルズのデーブ・マルティネス監督は「どうやって捕球したのか分からない。かなり強烈な打球だったぞ」と驚きまじりの笑みを漏らしていた。リップスコーム本人もロッカールームで取材に応じ、「来るのは分かっていた」とプレーを回顧。23歳の有望株は、「ただ準備をすること」でプレーを成功させられたと、少し得意げに語っていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集