[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

真美子さんと結婚、親友の裏切り…激動のスタートでも不変の大谷翔平に元選手「感銘を受けるよ」

米大リーグ・ドジャースに移籍した大谷翔平投手は今季、打者として3割超えの高打率をマーク。右ひじの手術を経て新天地に移籍し、結婚発表、通訳を務めていた水原一平容疑者の解雇など激動のシーズンでも成績を残している。米国の識者からは「それでも今、このような統計を出し続けている」と称賛が送られ、元選手も「本当に感銘を受けるよ」と驚いていた。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷はドジャース1年目、ここまで好成績

 米大リーグ・ドジャースに移籍した大谷翔平投手は今季、打者として3割超えの高打率をマーク。右ひじの手術を経て新天地に移籍し、結婚発表、通訳を務めていた水原一平容疑者の解雇など激動のシーズンでも成績を残している。米国の識者からは「それでも今、このような統計を出し続けている」と称賛が送られ、元選手も「本当に感銘を受けるよ」と驚いていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 エンゼルスからFA移籍した大谷。昨年右ひじの手術をしたが、10年総額7億ドル(約1014億円=当時)という巨額契約にも注目が集まった。開幕前には真美子さんとの結婚も発表。さらに韓国での開幕戦後に、通訳を務めていた水原容疑者が解雇された。違法賭博に関与し、大谷の資金を不正に盗用したとして銀行詐欺罪で訴追されている。訴状では不正送金の額は1600万ドル(約24億5000万円)以上とされるなど、衝撃的な出来事だった。

 激動のシーズンを迎えている大谷。1号ホームランこそ9試合、41打席目と自身最も遅かったものの、22日(日本時間23日)時点では打率.368とリーグトップの成績を残すなどしている。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリストのベン・バーランダー氏のX(旧ツイッター)では「ショウヘイ・オオタニは新しい組織に移動、UCL手術、北米スポーツ史最大の契約を結んだ(プレッシャー)、結婚した、2025年の登板再開のためにリハビリ中、大規模な盗難被害に遭う、連邦捜査に協力、親友を失った それでも今、このような統計を出し続けている」と称賛が送られた。

 バーランダー氏の投稿には、エンゼルスとレンジャーズで7年間プレーした元捕手のジャック・クルーガー氏も反応。「誰かが言わなければならなかった。『まあ、当然だろう』と受け流すのは簡単だ。しかし、このような人生の出来事の”一つ”をきっかけに、どれだけの大スターが墜落し、燃え尽きたと思う? ましてや、この全部が起きたのだから……。本当に感銘を受けるよ」とその精神面に舌を巻いていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集